特集記事
SPECIAL

(3)リーグ戦後ラストインタビュー/三松勢矢

ホッケー 2023.12.17

 今季100周年を迎えた明大ホッケー部は、関東学生1部リーグ戦(以下、リーグ戦)で46年ぶりの春秋連覇を果たし、リーグ戦での通算優勝回数は41度目となる最多優勝を記録。また全日本大学王座決定戦(以下、王座)では9年ぶりに表彰台入りを飾り、100周年の節目にふさわしい成績を収めた。本記事では、シーズン終了後の選手のインタビューをお届けする。


第3回はFW三松勢矢(営4=今市)のインタビューをお送りします。(この取材は12月11日に行われたものです)


――4年間を振り返っていかがでしたか。 

 「入学当初はコロナ禍のため、入寮して2週間ほどで地元への帰省を指示されていました。思うような活動ができず、各々が自主トレーニングを励む期間が続いていて、その中でインカレ3位、秋リーグ優勝という結果を得られたのは、かなり大きな糧となりました。2、3年次には様々なポジションを経験しただけでなく、チーム、個人共に伸び悩む時期でもあったため、つらかったです。4年生では副主将に任命され、初めてチームをまとめる立場となり葛藤もありましたが充実した4年間を過ごすことができたと思います」


――4年間で一番印象深かったことはございますか。

 「春秋連覇ですね。大学としても46年ぶりの快挙であり、自分たちの代で成し遂げられたことは非常にうれしかったです」


――この1年間の振り返りをお願いします。

 「春リーグで大会を通して良いチーム状態で戦えたことが、先の王座などにもつながったと思います。王座では準決勝では負けてしまいましたが、チームとして成長できる敗戦でもありました。インカレ(全日本学生選手権)は思うような結果が出ず、悔しい思いをした分、秋リーグの決勝に向けて全員の意識が高まりました」


――小池文彦監督はどのような監督でしたか。

 「良い意味で選手との距離感の近い監督でした。なんでも相談しやすく、意見のぶつけやすい環境を作ってくれました」


――高校と大学のホッケーではどのような違いがございましたか。

 「高校はメンバーもそろっており、確実に優勝を狙えるチームでしたが、大学では限られた戦力の中で戦うことが重要であったため、戦術や思考的な部分が養われたように思います」 


――同期はどのような雰囲気でしたか。

 「運命共同体のような雰囲気でしたね。ちょっとしたことでも行動を共にすることが多くて、大会や試合後は全員で食事に行くことが恒例になっていました」


――これからもホッケーと関わっていきたいとお考えですか。

 「社会人になっても、どこかホッケーをする場所をつくれたら良いなと思います。選手だけでなく監督やコーチとしても活動してみたいです」


――後輩に向けて一言お願いします。

 「ポテンシャルや向上心を強く持っている後輩たちばかりなので、ホッケーにも日常生活にも全力を注いでもらって、最高に大学生活を楽しんでもらいたいです」


――ありがとうございました。


[熊谷実夏]


関連記事 RELATED ENTRIES