特集記事
SPECIAL

(1)リーグ戦後ラストインタビュー/髙松雄飛主将

ホッケー 2023.12.17

 今季100周年を迎えた明大ホッケー部は、関東学生1部リーグ戦(以下、リーグ戦)で46年ぶりの春秋連覇を果たし、リーグ戦での通算優勝回数は41度目となる最多優勝を記録。また全日本大学王座決定戦(以下、王座)では9年ぶりに表彰台入りを飾り、100周年の節目にふさわしい成績を収めた。本記事では、シーズン終了後の選手のインタビューをお届けする。


初回はDF髙松雄飛主将(法4=丹生)のインタビューをお送りします。(この取材は12月5日に行われたものです)

 

――進学先に明大を選んだ理由は何ですか。

 「いくつか候補があった中ですごく自分に合っているなというのが一つの印象でした。個人技術だけじゃなくてやっぱり『つなぐホッケー』という理念と、頭を使ってチームのことを考えて動けば試合に出られることも分かっていましたし、文武両道という面も自分には大きかったです。高校の時も勉強を頑張っていたので、ホッケーだけじゃないっていう面で日本リーグには参加してないですし、教員免許を取れるような環境もあるので、ホッケーの面も勉強の面もそして私生活の面も両立できて一番自分に合っているのかなというのを感じて選びました」

 

――1年前、髙松選手が主将に任命された経緯や当初の気持ちを教えてください。

 「監督と前主将で相談して決める方法を毎年取っていて、今回もおそらくそれで決まりました。4年生が引退された時に全体の前で発表される形で、主将になるにあたって自分かなというのは元々思っていました。小池文彦監督から4年生が引退される前に『もうお前らの代やなっていうことで髙松が頑張っていかなあかんで』と事前に言われていたので、覚悟は決まっていました」

 

――高校と大学でホッケーへの向き合い方はどのように違いましたか。

 「違いが明らかなのは特に考え方だと思っていて。高校はとりあえずがむしゃらに走ってボールに食らいついて、その上で戦術を当て込むっていう感じでした。大学は無駄な走りをせずどれだけ相手に合わせて頭を使って自分たちのプレーができるか、というのができるようになったのが大学かなと思います。その点、自分自身がおそらくがむしゃらというより頭を使う方が向いていましたし、大学でやったホッケーが一番上手にできて楽しかったなと思います」

 

――小池監督の言葉で特に印象に残っているものはありますか。

 「逐一、練習試合や公式戦で『一対一で負けない』と本当にずっとおっしゃっていました。僕たちの共通認識でもありましたし、それさえしなければ負けないというのが僕らの考え方だったのかなと思います」

 

(写真:ボールキープする髙松)


――4年間で最も印象的な、記憶に残る試合は何ですか。

 「悪い試合と良い試合をそれぞれ挙げると、一番悔しかったのは大学3年生の時の全日本大学王座決定戦の準決勝立命大との試合です。1―1の最終Q1分で僕がPC(ペナルティコーナー)取られて、点決められて負けた試合ですね。一番うれしかった試合は、やはり4年生の春季リーグ戦の準決勝山梨学大戦は、本当に全部員が全力を出して強敵山梨学大を倒そうという気持ちが一つになっていました。先制されましたがSO(シュートアウト)戦の末勝つことができたことが、一番うれしかった理由です」

 

――この4年間を振り返ってどのような大学生活でしたか。

 「やはり本当に人に恵まれて楽しかったな、というのが一番の印象です。ホッケーに関しても1年生の時からずっと楽しくできましたし、大きな結果が残せたかというと、もっとも全国では優勝できませんでしたが、自分たちなりにしっかりとやってホッケーもやりながら遊んで勉強もしてというのは本当に毎日が充実した4年間だったなっていう風に思います」

 

――今季初戦春季リーグ戦の慶大戦で、目指す主将像について「全員が生き生きとしたプレーができるようサポートする」とおっしゃっていましたが、体現できましたか。

 「今年度勝てた試合は全部みんなが生き生きしていて、楽しくホッケーができていましたし、負けた試合に関してもみんな楽しんで悔いがないような力強い顔をしていたので、そういった面では支えることができたかなと思います。実際に挙げてみれば僕自身もやっぱり後輩や同期に支えられて生き生きとできて、こうして達成させてもらったというのが一番僕の中では大きかったと思います」

 

――来年度の新主将にMF小林正人(政経3=今市)を選んだ経緯を教えてください。

 「今の3年生から聞いても主将は正人がいいんじゃないかということも言っていましたし、正人自身もやりたいと考えていることを僕自身聞いていました。キャプテンはやりたい人がやった方が絶対うまくいくと思っていたので、正人がいいなと思いました。間違いなく今年も僕ら中心でやりながら、正人が中心で下級生も引っ張ってくれた存在だったので、最高学年になってキャプテンとなるとみんな正人にしっかりとついていくかなというのも思って、正人がいいなと思い決めました」

 

――ありがとうございました。

 

[杉田凜]


関連記事 RELATED ENTRIES