特集記事
SPECIAL

(8)生田軟式野球部創部60周年記念式典へ潜入!

明大スポーツ新聞 2022.11.13

 廃部の危機から復活を遂げた。今年で創部60周年を迎える生田軟式野球部。しかしコロナ禍で活動が制限され、昨秋には部員が0に。この危機にOBOG会が立ち上がり、20人以上が入部、念願の春季リーグ戦出場を成し遂げた。今回は11月5日に大手町サンケイプラザで行われた60周年記念式典の様子を紹介する。

 

 

(乾杯の音頭を取る田村賢治監督)

 

 「乾杯」。田村監督の言葉とともに始まった記念式典。会場には現部員の他に、数十名のOBOGが出席していた。新型コロナウイルスの影響から、来場者全員がマスクを着けていたが、終始にぎやかに式は進んでいった。

 

(式典の様子)

 

(現役部員はOBOGとも積極的に交流していた)

 

 式の途中では野口皓貴主将(理工3=大和)の1年間の活動報告がされた。部員0人の状態で入部した時のことから9月に行われた秋季リーグ戦の結果までを細かく伝えた。

 

(活動報告をする野口)

 

 次に成澤尚大主務(理工2=青陵)が来年度以降の抱負を語った。「だいぶ緊張をしている」(成澤)。舞台上では恥ずかしそうにしつつも、力強く来年度のチームの目標を述べた。「61期は新たな始まりだと思って飛躍していってもらいたい」(田村監督)と、田村監督も成澤の代に期待しているようだ。

(抱負を語る成澤)

 

 そして、OBからのビデオレターや近況動画が流れた後、明大硬式野球部OBでもある武田一浩氏(昭62文卒)によるトークショーが行われた。昔の大エースの登場に、会場の盛り上がりはかなりのものに。いつの間にかほぼ全てのOBOGが聞き入っているようだった。

 

(平田氏のトークショーの様子)

 

 トークショーの後は応援団や吹奏楽団、チアリーダーが登場し、生田軟式野球部の今後の発展にエールを送った。力強い応援にOBOGや現部員が一体となって手を振り上げ、会場を盛り上げた。

(応援団の登場に盛り上がる会場)

 

 最後は野口が式を締めた。「活動を再開して、まだまだ弱く発展途上だが、後輩たちがもっと強い生田軟式野球部を作っていく」(野口)。にこやかではあったが、今後の部の活躍を確信しているようなコメントだった。そして、野口主導の三本締めで式は終了した。

 

(式を締める野口)

 

 「なかなか1年前のことを考えると、こういう形を迎えられるとは思ってなかった。野口は大変な代であったが、本当によく頑張ってくれた」(田村監督)。一度廃部の危機を味わった生田軟式野球部。そこからの奇跡的な復活により現在は約30名の部員が在籍している。次の課題はもちろん強いチームづくりだ。秋季リーグ戦の結果は0勝5敗1分。「勝つことが式典にいらっしゃったOBOGのみなさんに対していい報告になる」(田村監督)。0から1にする苦しみはチームが一番分かっている。それでも、新たなステージを目指して。生田軟式野球部は飛躍を止めない。

 

[菊地秋斗]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読