特集記事
SPECIAL

平翔太 経験を糧に 目指すは不動のセンター

ラグビー 2022.10.11

 正確なキックとパスで、攻撃を組み立てる。強豪校である東福岡高で中心選手として活躍したセンター平翔太(商1=東福岡)。中学生の頃から明大を意識し、人一倍練習してきた。その経験を糧に、紫紺デビューにむけてのまい進は続く。

 

目標に向けて

 「自分にとってラグビーはなくてはならない存在」。この言葉通り、幼い頃からラグビーに魅了されてきた。平が小学2年次の冬、東福岡高は全国高校大会(以下、花園)で3連覇を達成。史上5校目の偉業を目にし「東福岡で活躍する」という夢を持った。そして3歳から続けた水泳は「東福岡で夢をかなえたい」という理由でやめることを決意。放課後にも練習を重ね、持ち味のキックとパスは磨かれていった。

 

敗戦から学ぶ

 憧れの東福岡高に入学し、新たな環境へ飛び込む。1年次の冬にはコロナ禍に見舞われたが、自主練を怠らなかった。「応援してくれる人たちがいるから頑張れる」。その中の1人が母・美穂さんである。美穂さんは、全ての試合をビデオに残していた。それを見てプレーを改善し、日々自信を付けていく。そして最高学年として迎えた、2年次の全国選抜大会。平は全試合に出場し、得意のキックで優勝に貢献した。「最初から自信はあったが、より自信が付いた」。花園では、準決勝で東海大大阪仰星高に22―42で敗れてしまったが貪欲な練習の大切さを再確認。「自信を持ちすぎて疎かにしていた部分があった」。明大に進学後は、新たな仲間とともにチーム力で勝つラグビーを目指し、練習に励んでいる。

 

理想を目指し

 平が理想とするのは、同じ東福岡高出身のセンター廣瀬雄也(商3=東福岡)だ。廣瀬は昨年度、関東大学対抗戦、全国大学選手権の全試合にスタメン出場し、キッカーとして活躍。「(廣瀬)雄也さんのような何でもできるプレーヤーになりたい」。同じポジションとしてアドバイスをもらったこともあり「学ぶことがたくさんあり成長できた」。今はまだ「遠い存在」だが、目標は「紫紺を着て、キックとパスはもちろん、ディフェンスでも魅了すること」。不動のセンターを目指し常に〝前へ〟進み続ける。平のプレーが勝利の追い風となる日は近い。

 

[森口絵美理]

 

◆平 翔太(たいら・しょうた)商1、東福岡高。研究発表をする授業では「ラグビーW杯における経済効果」について発表。175センチ・88キロ。


関連記事 RELATED ENTRIES