特集記事
SPECIAL

(7)いざ、リーグ戦へ! 秋の本番に向けて最終調整/練習試合

明大スポーツ新聞 2022.08.24

 生田軟式野球部が、秋季リーグ戦に向けた練習試合を行った。相手は慶大。人数などで劣る部分はあるが「相手に流されずに自分たちのできるプレーをする」(野口皓貴主務・理工3=大和)と、意気込んで試合に臨んだ。結果は5回コールド負けとなったものの「いい経験になったと思う」(長島洸生・理工3=大和)と前を向いた。

 

8・23 対慶大戦(大師球場)

 生田軟式野球部2―13慶大○

 

練習試合 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶大

1 

3 

1 

4 

4 

× 

× 

× 

× 

13 

生田 

0 

1 

1 

0 

0 

× 

× 

× 

× 

2 

 

 再始動したチームには、まだまだ課題は山積みのようだ。初回から毎回失点を重ね、5回までに13失点。「四死球が増えていってしまったことが反省点」(野口)。実際、バッテリーの失策が多く、リズムが悪くなってしまっていた。攻撃は計2得点も、思い切りのいい攻めが見られた。2回裏には「ヒットエンドランを作戦に加えた」(野口)と、長島の長打と二塁走者の好走塁からチーム初得点。「自分ができるだけ塁に出ることが目標だった」(長島)と、つなぐ意識がもたらした1点だった。

 

 1年生も躍動した。普段は投手で出場している池尻千馬(理工1=国府台)は今試合遊撃手として活躍。「守備もすごくうまく、打撃でも安打こそ出なかったがいい当たりだった」(長島)と上級生も評価するオールラウンダーさだ。また、今試合捕手に抜てきされた須藤航生(理工1=明大明治)は扇の要として投手をフォローし続けた。「この2人は1年生の中でもこれからが楽しみな選手」(野口)と秋季リーグ戦でも活躍が予想される。

 

 今試合が秋季リーグ戦までの練習試合で最後となる。「リーグの中にも強い大学は何校かある。ただ、相手には絶対に流されない野球を貫いていきたい」(野口)。大敗を喫するも選手たちの見据える先は変わらない。秋季リーグ最初の試合まで、残りわずかだ。

 

[菊地秋斗]

 

試合後のコメント

野口

――試合を振り返っていかがですか。

 「こちらの自滅で負けてしまいました。特にバッテリーがしっかりしなければいけないかなと」

 

――攻撃では積極的に攻めていました。

 「試合数も少なくあまり経験はないのですが、今後も思い切りのいい攻めは継続していきたいと思います」

 

長島

――慶大の印象はいかがでしたか。

 「よく打ってきた印象です。こちらもミスがあったので、それをなくしていければ点数を縮められるのかなと思います」

 

――課題はありますか。

 「投手が荒れてしまうとどうしても相手に点数が入ってしまいます。そこまで打てるチームではないので、守備からリズムを作り攻撃で点を取りたいです」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読