特集記事
SPECIAL

攻めの1年

明大スポーツ新聞 2022.02.03

 ニューイヤー駅伝、箱根駅伝が終わり1年の始まりを実感する。私が、陸上部出身だったということ、駅伝に影響されやすきということもあり、1月は走りに外に出ることが多い。大学生になってから運動習慣が無かったので身体の衰えを実感するが今後走る習慣を再びつけたいと思い始まった2022年。そんな今年の目標でさえ駅伝に影響されている。

   今年の目標を抽象的に表すと「攻める」ことである。今年の箱根の復路、青学の選手は優勝がほぼ確実であるにも関わらず序盤から攻めた走りで9区、10区で区間新記録を樹立。影響されやすい私はここから今年の目標を定めた。今までの私は、時間を言い訳にやりたいと思ったことに挑戦しないことが多かった。そこを、今年は変えたいと考えている。しかし、言い訳にするくらいなのでやはり時間が足りなくなるのは間違いないだろう。

 多くのやりたいことに手を出しすぎて学生の本業である勉学に影響が出るのはよくないだろう。さらに、挑戦していない現在でも勉学の方はかなりのピンチである。時間の使い方の見直しは必要だ。ここのやり方についても駅伝から見習う。選手は攻める走りをするにしても失速しないペースに調整して走る。自分の能力を超えたペースで走り失速するのを攻めとは言えない。私も自分に可能な範囲での挑戦にし、それら1つ1つにおいて攻めの姿勢を忘れないことを意識する。今まで、新年に立てた目標というのは毎回果たせなかったことが多い。今年こそは果たしたい。

[松田遥歩] (執筆日1月9日)                  


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読