特集記事
SPECIAL

本が読めない!

明大スポーツ新聞 2022.01.12

 読書。最近まで私が苦手な事の1つであったそれは、趣味に変わりつつある。小さい頃から外で遊ぶことが好きで、読書とは無縁で生きてきた。だが不思議なことに、国語は最も得意な科目であった。しかし、読書となると別なのだ。なぜかと考えてみれば、教科書や試験問題の文章量は楽しく読めるのだが、数日をかけて1冊を読み切るという忍耐力と継続力がないからだった。面白い展開に入るまでに息が切れ、だんだんと読まなくなり、最終的に放棄してしまう。高校生までに読み切った冊数を数えれば両手で足りてしまうだろう。しかも、本を読むには「本を読むためだけの時間」が必要だ。そんな時間どこにある。ちょっとした隙間時間ならば暇つぶしはスマホで事足りるし、本よりSNSの方がよっぽど楽しいと思っていた。

 ところが大学生になり、どうしようもなく暇な時間ができた。通学時間である。家から和泉キャンパスまでは約1時間半。唯一の救いは家が始発駅に近いため、ラッシュ時間帯でも確実に座れることだ。春学期のうちはスマホを見るか、寝るかで過ごしていた。しかし、あまりにも暇なので今までできなかった読書に挑戦してみた。ここで問題なのが「何を読むか」だ。まず真面目な文学は読み切れない。高校生の時に夏目漱石の『こころ』を読み切るのは苦痛であった。かといって自己啓発本も娯楽にはならない。そこで、映画の原作を選んだ。東野圭吾の『ラプラスの魔女』。帰りの電車で読んでいたら、あっという間に最寄りに着いた。本は時間を忘れさせる。それからというもの、映像化されたミステリー作品を中心に2ヵ月かけて3冊を読んだ。私にとっては大快挙である。次はどんな作品に挑戦しようか。

[春木花穂] (執筆日:12月13日)


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読