特集記事
SPECIAL

読書

明大スポーツ新聞 2021.11.08

 本を読むこと。昔私はその行為が大嫌いだった。なぜ嫌いだったのかはよく覚えていない。落ち着いて座って本を読む。その時間は苦痛だったのかもしれない。小学校の読書の時間は退屈。大体は小学校の図書館においてある『解決ゾロリ』を読んで、ごまかして逃げていた記憶だけが残っている。

 中学校に入ると朝読書の時間が義務づけられていた。ホームルームの前の10分程度を必ず本を読まなければいけない。何のためにやっているのか正直あまり理解できなかった。さすがに小学校と同じように過ごすわけにはいかず、小説を読み始めることにした。意外にも飽きない。何が原因で読めるようになったことは分からない。少しは大人になったのかなと感じた。それでも好きとまでは言えなかった気がする。

 大学生になってからもあまり乗り気で本を読むことはなかった気がする。一番の転機となったのは大学1年生の3月に入院したことだ。7泊8日の入院生活。ちょうど新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)したこともあり、病院の中は閉鎖的。やることはほぼなかった。その退屈な状況を救ってくれたのが本だった。自分に足りなそうな考えの本や読んだことないジャンル本を読んでみることに。

 結果的にこの期間で学んだことがその後の自分を大きく形成してくれたと思っている。本によって今までにない価値観が広がった。本で学んだ考えは部活動で生かすようにしている。部活動で自分が導入した新しいことはほとんど本から学んだことだ。今ではできる限り自分で進んで本を読むようになった。本を読めば、新たな世界が広がる。もう少し前にこのことに気付けば良かったなと感じる。


[田中佑太](執筆日:10月17日)


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読