特集記事
SPECIAL

(10)シーズン直前インタビュー 佐藤伊吹

フィギュアスケート 2021.10.03

 昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で大会が中止や無観客開催になるなど、異例のシーズンとなった。なおも続く厳しい状況の中、新たなシーズン開幕を迎える選手たちの思いに迫る。

(この取材は9月23日に行われたものです)

 

第6回は佐藤伊吹(政経3=駒場学園)のインタビューです。

 

――昨シーズンを振り返ってみていかがですか。

 「昨シーズンはコロナがあって、前半は取り戻すのに必死だったという感じでした。試合までに何とか調子は戻すことはできたのですが、本番で毎回ちょこちょこミスが出てしまって完璧な演技ができなかったので、全日本でもSP(ショートプログラム)でミスが出てしまってFS(フリースケーティング)に行けず、全体的には悔しいシーズンになりました」

 

――今シーズンはどんなプログラムで挑みますか。

 「SPは、やはりそこでミスをしてしまうと全日本でFSに行けなかったり、順位的にもFSで巻き返さないといけないことになってしまうので、SPが大事だなというのをすごく痛感しています。今年はプログラムは変えていないのですがSPでミスがないようにということを一番の目標にしてSPを中心に練習しています」

 

――具体的にどのようなミスをしないように心掛けますか。

 「もちろん転んだり、大きなミスをしたりもそうなのですが、回転不足を取られることがあるので、その部分で少しずつ引かれてしまって、大きなミスがないように見えても、思ったより点数が伸びないということがありました。そういう細かいところの積み重ねがショSPで大事だと思っているので、具体的には回転不足というのを主に直せるといいなと思っています」

 

――今シーズンの自身の強みは何ですか。

 「8月末にあった東京の試合でSPをやった時に、ジャンプはミスがあったのですが、それでもスピンのレベルは全部取れて、演技構成点が去年よりも上がっていたので、そこの部分はやはり2年目のプログラムというのもあって踊りの部分なども少し評価してもらえたのかなと感じました。ジャンプが失敗しても他のところで点数が取れるような、もちろんジャンプを失敗しないことが一番ですが、失敗しても点数が取れるようなプログラムにしたいなと思っています」

 

――プログラムは変えてないということは、衣装も今回は同じですか。

 「去年シーズン中に1回衣装を変えて、それは今年そのまま使うつもりです。結構気に入っているんです(笑)」

 

――今の練習状況を教えてください。

 「コロナの影響は今年はそんなに受けてはないのですが、五輪があって会場が本当に目の前だったので、3回くらい会場が閉まったり、開いたりというのを繰り返していて。9月のパラリンピックが終わった時にようやくちゃんと開いて、今はもう閉まらないでずっとできているのですが、その間は違うリンクに行ったりしていて、その移動とかも結構大変でした」

 

――そういった状況は、佐藤選手自身に影響していましたか。

 「練習がいつものシーズン通りできたかと言われたら、まあ少し状況は違ったかなとは思うのですが、その中でできるだけ滑れるリンクでというのは自分なりに努力はしてきました」

 

――五輪で練習ができなかった時はどんなメニューを組んでいたのですか。

 「昨シーズンもコロナで閉まっている時は結構走ったりしていたのですが、それを引き続きというか今シーズンのオフの時も滑れない時は陸でのトレーニングをしたり、曲をかけての練習をするのがどうしても少なくなってしまうので、その一回一回にしっかり集中するように『一回一回を大事に』というのを意識して取り組んでいました」

 

――体調面はいかがですか。

 「体調面はバッチリです。今のところケガもなくて。あとは技術面を意識することですね」

 

――(春学期の)学校生活はいかがでしたか。

 「オンラインの方が移動時間もなくて、練習に当てられるのでそっちの方が楽かなと思って(笑)ゼミは対面で結構行っていたのですが、それ以外はオンラインでやっていて。だから結構動画を見たり、日々課題には追われてたりしていたのですが、基本家でというのを選んでいました。でも友達と会えないことが一番寂しかったですね。去年会えなかったので今年こそはと思っていた部分もやはりあったので。今年はちょこっとゼミの時に会えるという程度でした」

 

――去年の趣味(料理)は今も続けているのですか。

 「今年は去年ほど暇になっていなくて、料理はほとんどしていないですね。今年はちょっとサイクリングにハマっていて。自転車を買ったんです。結構そこら辺、たまに都内を走ったりしています」

 

――どれくらいされているのですか。

 「そんなに言うほどではないですが、30〜40分くらい走りに行ったりしています」

 

――今シーズンの目標と意気込みをお願いします。

 「去年はやっぱり全日本でとても悔しかったので、今シーズンも結構東日本は厳しい試合になるとは思うのですが、全日本に出場してSPを通過してFSに進むというのが一番の目標です」

 

――ファンの方へメッセージをお願いします。

 「去年も今年もブロックは無観客になってしまって、それは私的にもすごく寂しいし、やはり皆さんの歓声とかを聞きながら滑りたいなというのは思っているのですが、動画なども配信されるということで、そこで是非見ていただいて、応援していただければなと思います。今年もよろしくお願いします!」

 

――ありがとうございました。

 

[西脇璃緒]

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読