特集記事
SPECIAL

坂本雄大 さらなる大舞台に向かって

バレーボール 2021.09.14

 ブロックにもひるまずスパイクを相手コートにたたき込む。坂本雄大(政経1=市立尼崎)の持ち味はスパイクと力強いプレー。春高バレーでも彼の強みは適時に発揮され、ベスト4進出という好成績を残した。さらなる上を見続け、成長する巨砲ルーキーが明大バレー部に新風を吹かせる。

 

大舞台の経験

 バレーをやっている人なら一度は立ちたい〝夢の舞台〟春高バレー。坂本は高校時代、二度の春高バレーを経験した。その裏には、堅実な努力と苦しみがあった。

 大舞台の壁は高かった。高校2年次の春高バレーではスタメンとして出場。しかしながら、自身の実力を発揮できず初戦敗退の苦汁を飲まされた。「先輩には申し訳ないという気持ちでいっぱいだった」。初の大舞台は敗北の悔しさを抱えた苦い思い出に。その経験はトップに立ちたいという強いモチベーションになった。

 「絶対勝つという気持ちで臨んだ」。リベンジを果たすべく最後の春高バレーのコートに立った。試合の大事な瞬間に強力なスパイクを次々と成功させ、チームの勝利に貢献。目標としていた優勝には届かなかったものの、ベスト4という優秀な成績を収めた。さらに個人としては優秀選手賞も受賞。「最後に素晴らしい結果に終わったことが誇らしい」。春高バレーの経験は心強い足場となり、新しいステージに坂本を進歩させる。

 

目指す日本一

 高い目標は原動力になる。「日本一を目標に毎日練習した」。バレーを始めた時から変わらなかった日本一への夢を持って、兵庫の名門・市立尼崎高に進学。「強くなりたい」という気持ちを胸に、レベルが高い環境の中で自分だけの武器をつくっていった。坂本の強みはプレーの醍醐味(だいごみ)である強いスパイク。練習では相手ブロックを破るパワーを育て、試合ではチームの攻撃にアクセントを加える役割を担った。今は一層高くなった大学のブロックに合わせてスパイクを強化し続ける。

 大学でも相変わらず目標は日本一。「試合に出て活躍できる選手になりたい」 。スタメン出場を皮切りに、より大きな目標に向かって一歩ずつ進んでいく。明大バレー部を新たな境地へと導く活躍ができるか。成長から目が離せない。

 

[ジン セウン]

 

◆坂本 雄大(さかもと・ゆうだい)政経1、市立尼崎高。好きな芸能人は千鳥。最近は寮の近くを走ることにハマっている。189センチ・83キロ。


(写真は本人提供)


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読