特集記事
SPECIAL

福田大晟 努力怠らず 紫紺で目指す日本一

ラグビー 2021.09.14

 鋭いタックルで敵を圧倒する。1年生ながら早くも紫紺デビューを果たしたフランカー福田大晟(商1=中部大春日丘)。昨年度の第100回全国高校大会(以下、花園)ではキャプテンとしてベスト8に導いた。紫紺を着続けることを目標に、見つめる先は日本一だ。


けが乗り越えて

 小学2年生の頃、父の影響でラグビーと出合う。「無理やり連れて行かれ、最初はやりたくなかった」。それでもスクールの練習だけでは強くなれないという思いから、父の指導のもと自主練に励んだ。努力が実り、中学生では愛知県選抜に。この頃からやっとラグビーが楽しめたという。しかし中学2、3年次に続けて大きなけがに襲われる。大事な大会前だったため、落ち込んでいたところを励ましてくれたのは父の存在だった。いつもアドバイスをくれた父。「切り替えて頑張れ」。自分をよく知る人の言葉は大きかった。県外への進学も考えたが、地元愛知県の中部大春日丘高の門をたたく。


歴史残した花園

 高校でも自主練を怠らなかった。朝練が無い分、その時間は仲間と体力作りに励んでいた。そして高校3年にはキャプテンを務める。しかし突然降りかかったのは新型コロナウイルスの感染拡大。約3カ月対面で活動ができなかったが、zoomでトレーニングを行うなどの工夫をし、気持ちを絶やさなかった。積み重ねを大切に、花園に向けて練習に励む日々。「花園が近づくにつれて毎日の練習が良くなった」。そして迎えた大舞台。準々決勝で京都成章高に14―3で敗れたが、初のベスト8という新たな歴史を残す。「花園までの練習がここまでの結果につながったと思う」。この結果をマイナスには捉えていなかった。


日本一目指して

 明大入学後、春季大会の日大戦で早速スタメン出場。得意のタックルで勝利に貢献した。「アタックよりタックル」。父からの言葉が今のタックルにつながっている。人より動いて泥くさいプレーができるフランカー。これが福田の目指す理想像だ。これからも華麗なタックルで観客を魅了するに違いない。「優勝をあまり味わったことがないので、日本一の景色を見てみたい」。紫紺のルーキーはこれからも駆け抜ける。


[豊澤風香]


福田 大晟(ふくだ・たいせい)商1、中部大春日丘高。花園後に免許合宿に行きマニュアル免許を取得。173センチ・95キロ。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読