特集記事
SPECIAL

島田拓 自分を超えるために 路を走り続ける

競走 2021.09.11

 今年度、特に有望なルーキーがそろった競走部。札幌山の手高のエース・島田拓(営1=札幌山の手)もその一人だ。高校3年次には、5000メートル道高校記録を9年ぶりに更新した。大学でも「チームをリードする存在」へ。駅伝への出走を目標に、さらなる高みを目指す。

 

山の手のエース

 全国高校駅伝にも出場する伝統校に進学した島田。チームメートは地元出身ばかり。「この人たちには負けられない」。そんな思いを背負って千葉から北海道へやってきた。凍った道で思うように走れない。環境の変化に苦労しながらも、チームを引っ張る存在へ成長した。しかし、最初からエースの自覚があったわけではない。同じ負け方が続き、くじけそうになった時「おまえはどうしてもエースにならなきゃいけない」。監督から放たれた言葉が、意識を変えた。「無理やりにでもエースの感覚を」。自分がチームをなんとかする、そんな思いを原動力に練習を重ねた。都大路でエース区間・1区を任せられた時にはもう、エースであることが当たり前になっていた。
 

走り続ける理由

 「昔からそんなに走るのが好きじゃない」。走るのは苦しい。やめたいと思うこともあった。それでも走り続けるのは、努力が報われる瞬間があったからだ。道高校記録を塗り替えたレースでは、自己ベストも30秒以上更新。周りから認められ、大きな自信になった。陸上はそこで初めて「やっていて良かった」と思える。その喜びを経験するとなかなかやめられない。だから大学でも、陸上を続ける道を選んだ。
 

悔しさをバネに

 明大に入学して初めての大舞台・U―20日本選手権。3000メートルでは、自己ベストを更新するも、18位に終わった。前を走ったのはほとんどが高校生で「かなりボロボロにされてしまった」。5000メートルでも青学大との差を見せつけられ、苦しい現状を痛感する。手が届くほどだった同期との差も広がってしまった。

 4年間の目標は、箱根で区間賞を取ること。1年生で駅伝メンバー入りを目指す中、上半期は「成長はほとんど見られない」苦しい時間だった。

 一方で、新しい環境に慣れ、昨年度の自分を超える「土台となるような過ごし方ができた」と手応えも感じた。チームで、駅伝で、必要とされるために。その準備はできた。秘めた闘志を胸に、島田の挑戦は始まったばかりだ。
 

[覺前日向子]

 

◆島田 拓(しまだ・たく)営1、札幌山の手高。スイーツが好きで、自粛期間には手作りしたことも。174センチ・56キロ。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読