特集記事
SPECIAL

(12)関東インカレ直前インタビュー⑪/石川雅也主将

競走 2021.05.19

 春季トラックレースの大舞台が2年ぶりに復活する。今年度で節目の100回目を迎えた関東学生陸上競技対校選手権(以下、関東インカレ)。昨年度は新型コロナウイルスの影響で10月に延期されたが、今年度は例年通り5月に開催される。コロナ禍はいまだに続くものの、明大では多くの選手がトラックレースで実力を伸ばしている念願の1部復活に向け、チーム一丸となって本戦を戦い抜く。

 本特集では、関東インカレに臨む31人の選手の声をお届けする。

 

 第11回は短距離部門・石川雅也主将(法4=新居浜東)のインタビューです。(この取材は5月15日、16日に電話で行われたものです)

 

――現在のコンディションはいかがですか。

 「関東インカレを目指して今までやってきましたので、本当に申し分ないといいますか、気分も状態も最高だと思います」

 

――2年次に2部降格を経験されました。1部昇格に対して特別な思いはありますか。

 「やはり関東の大学に在籍している以上は関東インカレでは1部で戦いたいです。明大は1部で戦わなければいけないチームだと思います。また、関東インカレの1部昇格を成し遂げることで、下半期にある箱根駅伝、駅伝シーズンにもつながっていきますので、そういった意味でも関東インカレでは必ず1部昇格を成し遂げたい気持ちでチーム一丸でやっていますね」

 

――無観客試合に対してはどうお考えですか。

 「本当に寂しいといいますか、盛大な応援があってこそ関東インカレが成り立つと思っているので、非常に残念なのですが、その中でもやはり大会が開かれる以上は1部昇格をぶらさずにやっていくべきだと思いますので、後は置かれた環境でやるだけですね」

 

――4継、マイルの目標は何ですか。

 「チームとしては1位。個人としては、チームの主将にもかかわらず個人種目に出場することができなかった悔しさ、情けなさがあるのですが、盛り上げることが私の使命だと思っていますので、そこを重要視し、チームを盛り上げることに徹したいなと思っています」

 

――今年度主将になった心境はいかがですか。

 「主将就任当初は、本当に荷が重かったのですが、付いてきてくれる選手が多いですし、周りも一緒になって盛り上げようとしてくれています。特に大きなことはしていないですが、チームとして助け合いながらやってこれたのでその点は非常にありがたいと思います」

 

――活気づけは特に意識しているポイントですか。

 「私自身、冷静ではなく盛り上げるタイプですので、そういった点でチームを盛り上げることは非常に意識してやってきました。短距離として主将をやっていますが、長距離も競歩も一緒になって盛り上げている状況ですね」

 

――ラストシーズンの心境を教えてください。

 「来シーズンから後輩に1部で戦ってほしいです。そのためにもチームを盛り上げてチーム全体で1部昇格を成し遂げる。また、私自身の陸上生活もこれで区切りをつけますので、そういった点でも悔いのないように、最後ケガをしてもいいので、全力を尽くしたいなと思っていますね」

 

――改めてチーム目標を教えてください。

 「1部昇格。そして成し遂げた暁としてはその勢いで下半期の駅伝シーズン。ここもチームとして勢いづけられるようにこの関東インカレから進んでいきたいなと思っています」

 

――最後に意気込みを教えてください。

 「個人としては主将としてチームをバックアップして鼓舞する。走りでは一つでも前に、1位だけを目指してがむしゃらに走っていきたいと思います」

 

――ありがとうございました。

 

[競走部担当一同]

 

※写真は明大競走部提供


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読