特集記事
SPECIAL

フェンシング部

フェンシング 2021.04.05

 新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止になった昨年度。活動が制限される中でも選手を支えたマネジャーたち。今回はそんな縁の下の力持ちたちの声を発信していく。第10回はフェンシング部の荒川泰成主務(政経4=大分豊府)です。

 

――主務の仕事内容を教えてください。

 「大会のエントリーや合宿などの支払いをしたり、部員のモチベーションを上げていったりするマネジャー的な存在です」

 

――部員のモチベーション管理という面ではキャプテン的な一面もあるのですね。

 「そうですね。主将はいますが、主務は裏のキャプテンではないですけど、裏方で支えるような形になります」

 

――仕事をする時に心掛けていることはありますか。

 「自分自身としては、部活動における精算などはやったことがなかったので、そういった面でも、今後の社会人としてのスキルを学んでいくという意識で取り組んでいます。部活動としては、いかに良い環境で部活動をやってもらえるか、また次の世代が部活動をしやすいような運営をどのようにしたら良いのかということを考えながら行っています」

 

――主務になった経緯を教えてください。

 「監督からの任命や、前の世代の先輩の承認があって、私が主務に選ばれた形になります」

 

――主務としての仕事をこなしながら選手としても活動されていますが、やはり大変ですか。

 「部活の運営の部分で支障が出てしまって、練習に参加できない時もありましたね。大会のエントリーだったり、部活動として重要な手続きという部分で、自分自身が把握して責任を持ってやらないと、些細なミスが大きなミスにつながる可能性もあるので、そこは気を付けないといけないなという思いはありますね」

 

――逆にどんなときにやりがいを感じますか。

 「部員が笑顔で活動できるような雰囲気ができると、自分自身もそれに貢献できたのではないかと感じ、一番やりがいを感じます」

 

――主務をしていて身についたと思うことはありますか。

 「コミュニケーション能力ですね。主将が中心になって部員とのコミュニケーションを取っていきますけど、主務も全員とコミュニケーションを取っていく必要があります。以前だとあまり話すことがなかった部員もいたのですが、そういった部員とも関わっていく必要があったので、自分自身が変わる必要がありました。さまざまな性格の部員がいる中で、相手に合わせて話し合うことは、以前の自分では考えられなかったことだと思います」

 

――やはり主将と支え合って取り組むことも多いですか。

 「そうですね。支え合っています。練習面や、成績を残すための目標という部分は主に主将が取り組んでいます。私は主務という立場として部内の仕事や、上下関係の部分など、プレー面だけでなく部員の統率的な部分を行っています。その中で今後、部がどうあるべきかといったことを主将と主務で話し合っています」

 

――マネジャーを募集したいと伺ったのですが、仕事内容はどのようなことをしますか。

 「1年生なので、まだ仕事内容について分からないことがたくさんあると思うので、最初は主務と会計から仕事内容について学んでもらうことになります。後に主務や会計の仕事のフォローだったり、マネジャーとして責任を持って部活動の運営に貢献していただける方がいるとうれしいです」

 

――今のフェンシング部の雰囲気を教えてください。

 「何事にも挑戦的です。今回の取材に関しても、今までのフェンシング部では取り組んだことがなかったので、新たな挑戦として取り組みたいという思いでした。部活動全体としても、新たな練習方法に取り組んだり、以前は行わなかった筋力トレーニングをやってみたり、持久力的なトレーニングを取り入れたりしています。他大学との練習試合ができないという状況もあるので、練習方法に工夫を凝らしたり、試合形式の練習の際も、ただ単にするのではなく、選手同士で話し合ってお互いのできていることやできていないことを確認し合っています。こういったことから今の挑戦的な雰囲気ができているのではないかと思います」

 

――最後に今年の目標を教えてください。

 「昨年はほとんど試合がなかったので、新たなスタートと思って好成績を残せるように頑張っていきたいです。また、部活動には真面目に取り組んで、明るく楽しんで部員が過ごせるような、次の世代に引き継ぎやすい新たなフェンシング部を目指して、この1年間取り組みたいと思います」

 

――ありがとうございました。

 

[萩原亜依]

 

フェンシング部ってこんな部活!

 こんにちは。体育会フェンシング部です。フェンシング部では、全員で20人程と少人数で部活動を行っています。その中でも部員の個性は豊かで、活発的に活動を行います。また、全員が一丸となるため部活動以外にも食事や遊びを通して楽しんでいます。

 フェンシング部は、リバティタワー地下二階トレーニングルームで平日は18時から21時まで、休日は10時半から14時まで活動しています。大会では、リーグ戦、カンカレ、インカレ、全日本選手権個人、団体で好成績を残すために日々練習に取り組んでいます。

 フェンシング部でマネジャーに入部していただくことによって、部員とコミュニケーションを取ることができ、部活運営でマーケティングや事務仕事など今後の社会で活かすことができます。フェンシングを経験していなくても楽しむことができます。

 経験者、未経験者関係なくお待ちしています。よろしくお願いします。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読