特集記事
SPECIAL

(3)前期リーグ戦開幕直前 主将インタビュー

サッカー 2021.04.02

 創部100周年に華を添える。4月3日から第95回関東大学リーグ戦が開幕する。3連覇を目指す明大の開幕カードの相手は流経大。昇格チームでありながらすでにプロ内定選手を複数擁するなど、手強い相手だ。

 今回は石井優輝主将(政経4=昌平)のインタビューをお届けします。

(この取材は4月2日にオンラインで行われたものです)

 

――キャプテンとして臨む今シーズン。不安はありますか。

 「不安はないです。むしろ、私が足を引っ張らないかが心配で、それほど選手たちを信じていますし、期待しています」

 

――現在のチーム状況はいかがですか。

 「今のチーム状況はとてもいいと思います。始動してから今日までに、できることは最大限やってきたので、あとはそれをピッチ上で表現するだけだと思っています」

 

――天皇杯予選の2試合を振り返っていかがですか。

 「昨年度の東海大戦を経験しているからこそ、とても怖かったです。相手にペースを握られた時間帯もありましたが粘り強く戦えて、勝利につなげられたと思います」

 

――今季はどのようなチームを目指していますか。

 「徹底してやり切れるチーム、人間として成長できるチームを目指します。昨年度徹底してくるチームは強いということを学びましたし、明治の伝統でもあると思います」

 

――スローガンの『邁新』にはどんな意味がありますか。

 「邁新には、100年の歴史を繋翔し、信念を持って、新たなことに挑み続けるという思いが込められています」

 

――創部100年目のキャプテンとしてプレッシャーは感じていますか。

 「あまり感じていないというのが正直なところです。もちろんプレッシャーはありますが100周年だからというわけではないです。どちらかと言えば4年生としての責任を感じています」

 

――副将の2人にはどんな思いがありますか。

 「副将の2人には自由にやってほしいと思っています。その方が彼らの良さが発揮されるので、プレッシャーを感じるのは自分だけでいいと思っています。2人とも後輩との関わり方も上手ですし、視野も広いので本当に助かっています」

 

――今季の目標を教えてください。

 「リーグ3連覇、Jリーグのチームを倒す、日本一の奪還です」

 

――同期の4年生たちには何か特別な思いはありますか。

 「同期とは入部してからずっと一緒に苦楽を共にしてきました。この最高の同期と最高の結果を残したいと思っています。明治の象徴として戦っていけたらいいと思います」

 

――後輩たちに対して思うことはありますか。

 「後輩には積極的にチャレンジしてほしいと思います。自分もそうやって成長できたので、たとえ失敗しても4年生が助けます。だからこそ4年生を信じて欲しいし、自分らも後輩を信じています」

 

――最後にリーグ戦への抱負をお願いします。

 「一戦一戦明治らしく戦うだけだと思っています。三原則の球際、切り替え、運動量を体現できれば、おのずと勝利は付いてくると思っています」

 

――ありがとうございました。

 

[土屋秋喜]


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読