特集記事
SPECIAL

安部柚作 大学駅伝での活躍を目指す成長株

競走 2020.10.12

 百戦錬磨の長距離ランナーへ。安部柚作(法1=国学院久我山)は東京都高校総体5000メートル優勝、2度の全国高校駅伝出場と輝かしい実績を持つ。目標の箱根駅伝出場に向けて課題のロードレースを克服し、上昇中の明大に新風を吹き込む。

 

強気のレース

 「明大の同級生には負けたくない」。そう口にするほど生粋の負けず嫌いだ。陸上人生の軸でもあるその性格を象徴する大会がある。高校3年次の東京都高校駅伝。前年は4位に終わり、全国大会への連続出場が4年で途切れた。当時の「負けるという感覚がなかった」という慢心が敗北の苦汁を喫するきっかけとなった。その経験が彼の勝利への思いをより一層強めた。


 1年越しのリベンジへ目指すは優勝のみ。「何が何でも勝とう」。誰よりも強い意志を持って1区のスタートラインに立った。1カ月前の台風の影響で会場が得意のトラックへ変更に。積極的なレースで終始先頭集団に食らいつく。残り1周でラストスパート。持ち味のトラックレースでの強みを存分に生かし、区間賞を獲得した。後続もトップを譲らず、2年ぶりの優勝で全国大会への出場を決めた。安部の区間賞がチームを勢いづけたことは間違いない。

 

ロードの強化

 ロードでも輝きを。東京都高校総体5000メートルでは3年連続で入賞。高校2年次では準優勝、高校3年次では優勝するなどトラックレースにはめっぽう強い。その反面、ロードレースでの対応力が課題だ。


 苦い経験がある。高校3年次の全国高校駅伝で、重要区間の1区を任された安部。チームは優勝を狙っていたため、出遅れは絶対に許されない。しかし「ロードに対応するための脚力は落ちていた」。不安は的中し、先頭集団についていけず。トップと1分30秒差の区間28位と出遅れ「陸上をやってきて一番悔しい」レースとなった。


 大学での目標は「箱根駅伝に出てしっかり自分の役目を果たす」ことだ。「ロードレースに対応できる筋力や体幹は付けたい」。課題克服に向けて意欲的な姿勢を見せる。負けず嫌いの男が全国高校駅伝の悔しさを晴らす機会は必ずやってくるはず。一味違った安部の姿に注目だ。


[永井涼太郎]

 

◆安部 柚作(あべ・ゆうさく)法1、国学院久我山高。趣味は映画鑑賞で好きな映画は「ハリー・ポッター」シリーズ。171センチ・50キロ。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読