特集記事
SPECIAL

田邊太一 おごらない勝利の立役者

バスケットボール(男子) 2020.10.10

 あらゆるポジションをこなす高身長FW、田邊太一(情コミ1=福岡大大濠)は、攻守にわたって活躍するユーティリティプレイヤー。高3次の全国高校選手権で準優勝を経験。決勝ではチーム最多得点を挙げている実力者だ。

 

失われた自信

 小学2年次にバスケと出会った田邊。中学時代はジュニアオールスター福岡県代表に選ばれるほどに成長する。そして全国屈指の強豪・福岡大大濠高へと進学。新天地での活躍に意気込むも、現実は甘くなかった。中学とは違い、集まってくる選手も全国レベル。主力の試合にもあまり絡めず自信を失ってしまう時期もあった。それでも「辞めたいとは一度も思ったことがない」。田邊は腐ることなく練習を続けた。

 

劣等感の打破

 彼が3年生になった年の初めての福岡一高戦。同地区の名門校との試合の中、あることに気づく。自分のドライブで相手と渡り合えているのだ。さらには苦手としていたディフェンスでも上手く立ち回れるようになっていた。「この試合で自分が通用すると思い、自信がついた」。日本一常連校では練習から緊張感が違う。バスケに対して非常に意識の高い環境に置かれた田邊は、確かに成長していたのだ。体格や技術だけではない。「試合前の緊張も一切しなかった」と精神面でも強くなっていた。そして、後の大舞台で真価を発揮することとなる。

 

続いてゆく道

 高3次の全国高校選手権。勝ち進み迎えた決勝戦、対するは彼を変えたきっかけでもある福岡一高であった。この年8回目の対戦。相手からすれば自分はマークの薄くなる穴であることを自覚していたので「自分が点を取らなければ勝負にならない」。決心を固めた彼はなんとほぼフル出場を果たしチーム最多得点をマーク。大会中で最高の活躍を魅せた。惜しくも準優勝であったものの、実力を遺憾なく発揮できた男に悔いはなかった。

 それから10ヶ月が経った現在。大学バスケを取り巻く環境は未だコロナのあおりを受けている状況。「経験を積むという面でもまずは試合に出たい」。田邊は主力の選手と日々技術を高め合っている。こんな今こそ、自分のペースで着実に。まだあわてるような時間ではない。

 

[菊地秋斗]

 

◆田邊 太一 (たなべ・たいち)情コミ1、福岡大大濠高。福岡県出身。試合前はおにぎりかあんパンがマスト。190センチ・74キロ。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読