特集記事
SPECIAL

(20)最終戦へのエースの覚悟 入江大生投手コメント/東京六大学春季リーグ戦

硬式野球 2020.08.16

(このコメントは8月16日、硬式野球部よりいただいたものです)

 

入江大生投手(政経4=作新学院)

――14日の法大戦が今春初先発になりました。どのような思いで試合に臨みましたか。

 「チームが3連敗している中で、やはり『どうしても勝ちたい、勝たせたい』という思いが強かったです」

 

――その中で9回1失点10奪三振。この内容はご自身でどのように評価されていますか。

 「終わってみて結果が9回10奪三振というだけでチームは敗戦しました。自分の中で評価はしてないです」

 

――打撃ではリーグ戦初安打、初二塁打を放ちました。自粛期間中は打撃面の練習にも力を入れたのでしょうか。

 「通常練習時は投手の練習をしているため、あまり打撃練習に参加することはないです。でも、夜の自主練習で渡邉涼太(外野手・商4=広陵)が毎日投げてくれたので打つことができました」

 

――現在のチーム状況を副将、そしてエースとしてどのように捉えていますか。

 「チームの雰囲気は悪くないのですが、必ず決め切らないといけないところで決め切れない甘さなどが続いています。そこをうまく勝ちにつなげることができれば、と思います」

 

――16日の東大戦へ向けて一言お願いします。

 「東大戦で1勝して秋季リーグ戦につなげられるように頑張ります。応援のほどよろしくお願いします」

 

――ありがとうございました。

 

[硬式野球部担当]

 

Unlimで明大野球部を応援しよう!

 観客上限3000人の有観客試合として行われる今春リーグ戦。人数制限や暑さ、新型コロナウイルス感染予防などから現地観戦を避ける方もいるだろう。そこで新たな応援の形として注目したいのが、スポーツギフティングサービス『Unlim』だ。Unlimでは、今春リーグ戦の企画として『六大学野球応援合戦ONLINE』を8月10日より実施中。本サービスでのギフティングは、野球部の運営費ならびに練習設備の拡充・修繕などに充当される。

 

詳細・ギフティングは以下のURLから!

https://unlim.team/athletes/big6/meiji-bbc


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読