特集記事
SPECIAL

エース兼主将・阿部弘輝 最後の箱根路へ!

競走 2019.12.19

 紫紺に受け継がれるエースの系譜。明大はこれまで何人も学生長距離界のトップ選手を輩出してきた。今年度のエース・阿部弘輝主将(政経4=学校法人石川)もその中の一人だ。一時代を築き、今なお活躍する鎧坂哲哉選手(平24営卒・現旭化成)、横手健選手(平28政経卒・現富士通)も背負ったエース兼主将の肩書。彼らに共通するものは何か。阿部の主将像に迫る。


系譜

 一躍その名を知らしめた昨年度。どの大会においても、出場すればエースたる走りを披露してきた。11月には1万㍍で27分台をマーク。今年度、日本人学生が1人もたたき出すことのできなかった快記録だ。一気に学生長距離界のトップに駆け上がった阿部だが、かつて紫紺のエースとして君臨した27分台ランナーが他にも2名いる。1人は箱根で毎年異なる区間を好走し、4年次には49年ぶりの3位以内に導いた鎧坂選手。もう1人は1年次から力強い走りを披露し、3、4年次には1区で最高のスタートを切ってみせた横手選手だ。阿部を含め3人に共通するのは、27分台を出したことだけにとどまらない。駅伝の実績においても、それぞれが全日本で区間新記録を樹立。最終学年では主将を務め、紫紺の大黒柱を担った。


象徴

 「主将としてとにかく結果を出せばいい」。〝結果が全て〟というスタンスで取り組んでいたのは鎧坂選手だ。当時の駅伝監督である西弘美スーパーバイザーが求めていた自主性を体現し、海外遠征を重ねるなど個人の力を追い求め、結果も残した。一方「きついことを言って引っ張るキャプテン」。一つ上の学年が黄金世代と言われるほど力があった中で、次期主将を任された横手選手。強いキャプテンシーで言葉でも引っ張り、同期の木村慎選手(平28商卒・現Honda)がそれをカバーする形で役割をうまく分担させてきた。

 対する阿部は「とにかく勝ちにこだわること」を最も意識してきた。シーズン前半は2本の海外レースに出場し、ユニバーシアード1万㍍では銀メダルを獲得。世界相手に強さを証明した。また自身だけでなく、チームに対しても〝勝ち切る〟ことを意識付け。昨年度の全日本と箱根では自らの役割を全うしたが、チームとしては勝負弱さを痛感した。その反省から、〝アベノミクス〟を決行。「駅伝もトラックレースも勝ちにこだわってほしい」という旨を伝えた。結果的にその思いは通じ、組トップを取るチームメートの姿が目立つように。故障者同士のミーティングも画策し、手本としてアプローチ方法を示した。結果を追い求めながら、気付いたところはチームに還元する。鎧坂選手と横手選手の対称的なチームづくりを融和させたのが、今年度の主将といえるだろう。



勝負

 唯一手にしていないのは、箱根での成功だ。1年次は4区13位と力を発揮できず、2年次には予選落ちを経験。昨年度こそ3区で快走したものの、チームは大惨敗を喫した。また今年度、阿部は故障による2カ月の離脱を経験。鎧坂、横手両選手も4年次はケガに苦しんだが、それでも最後の箱根は区間上位で駆け抜けた。またしても先代2人との共通点を増やせるか。「最後の年ぐらいは勝ちたい」。勝負へのこだわりを結果で示す時が来た。希望している区間は1区。5年ぶりシード奪還へのラストピースは、やはりこの男で間違いない。


【川和健太郎】



※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読