特集記事
SPECIAL

最終節で大逆転 秋リーグ3連覇‼

アイスホッケー 2019.12.19

スケート部(アイスホッケー部門) ◆9・7~11・24 関東大学リ ーグ戦(ダイドードリンコアイ スアリーナ)▼❶明大 

 

 王者の底力だ。予選リーグを 1位で通過するも、順位決定リ ーグで連敗を喫し優勝へ黄信号 がともる。しかし、最終節で首 位・中大が敗れ、自力優勝が復 活。そのチャンスを逃さず、3 年連続37回目の優勝を飾った。 今年度は春、夏と優勝を逃した がようやく初タイトル。GK磯 部裕次郎主将(政経4=武修 館)は、2年次インカレ以来の ベストGKに選出された。 


復活の秋


 「どん底を味わったからこ そ、成長できた」。昨秋の順位 決定リーグ・中大戦。春からケ ガで離脱していた磯部にとって の復帰戦だった。しかし延長戦 の末敗戦。悔しさで頬をぬらし た。「復帰してすぐレギュラー を取るつもりだったのに」。それから2日後の優勝決定戦を任されたのは、後輩のGK香田凌辰(政経3=白樺学園)だった。ベンチで思ったことはただ一つ。〝もっとうまくなりたい〟。かつての守護神は、目の色を変えた。普段の氷上練習に加え、自費でプロが集まるゴーリーキャンプにも参加。誰もが認める練習量で再起を図った。


 「絶対完封する」。負けは許されない最終戦当日。FW徳田滉也(政経3=武修館)だけに覚悟を告げた。結果は38本のシュートを止め、宣言通りに完封。「なかなかトンネルを抜け出せなかったけど(笑)」。歓喜の輪の中心には、喜びをかみしめる磯部の姿があった。

 いざインカレ4連覇へ。優勝することが宿命とされるチームにあって、主将を務める磯部。重圧さえも力に変えて「一戦一戦全力で」。明大に磯部裕次郎あり。地元釧路で、その名を刻む。


【藤山由理】


◆磯部裕次郎(いそべ・ゆうじろう)北海道出身。背番号〝69〟は「ロックにいきたいから」。172㌢・73㌔



※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読