特集記事
SPECIAL

(41)1万メートル記録挑戦会 レース後コメント④(小澤大輝・櫛田佳希・下條乃將・富田峻平)

競走 2019.11.30

 大舞台まであと1カ月。23日に行われた1万メートル記録挑戦会で計15人の選手が自己ベストを更新した。中でも小袖英人(政経3=八戸学院光星)は全体4位の28分34秒33をマーク。追い上げる下級生と、それに負けじと奮起する上級生。この勢いに乗り、チーム一丸で箱根路に挑戦したい。今回はレース後の各選手のコメントを掲載する。

(この取材は11月23日に行われたものです)

 

小澤大輝(政経1=韮山)

8組5着 29分10秒82(自己新)

――今日のレースを振り返っていかがでしょうか。

 「自己ベストを更新するというのを目標にしていたので、それが達成できてひとまず安心というかうれしいです」

 

――自己ベスト更新の要因は何でしょうか。

 「1週間前のポイント練習をかなり楽にこなせていて、状態はいいなと思っていたんですけど、その次の日くらいに足に痛みが出てしまいました。ですが練習を積めなかった中で、逆にいい感じに疲労が抜けたかなと思います」

 

――28分台まであと少しでした。

 「本当は28分台を出したかったんですけど、そこは次の課題として、ここで28分台が出てしまったら安心していたと思います。まだまだ自分の力が足りないということなので、次に向けて頑張るいい課題ができたと思います」

 

――途中前に出てから落ちませんでしたね。

 「少しペースを緩くして落ちてしまうとズルズル行ってしまうと思ったので、自分のプラン通りだったと思います」

 

――箱根駅伝に向けてのご自身のプランは何でしょうか。

 「ここから1カ月間しっかりと練習を積んで、任された区間をしっかり走りたいなと思います」

 

櫛田佳希(政経1=学校法人石川)

8組17着 29分40秒17(自己新)

――今日のレースを振り返っていかがでしょうか。

 「自分の思った通りの走りができなくて、28分台を目標にしていたんですけど自分の実力が届かなかったのは悔しいです」

 

――コンディションはいかがでしたか。

 「体の調子は良かったんですけど、3、4日前から熱を出してしまって、それでも29分は切れると思っていたので悔しいです」

 

――監督からはどのような指示を受けましたか。

 「集団に付いていけと言われたんですけど、前半ペースはかなり遅くて引っ張っていくしかなかったので、誰かが前に出て引っ張ってほしいというのはありました。誰も来てくれなくて自分が引っ張る形になりました」

 

――箱根予選会のダメージはもう残っていませんか。

 「箱根予選会のダメージとかはないですね。自分は全日本駅伝走ってないので。箱根予選会迎えてからの学連で28分台は出せると思っていたんですけど、力不足というのはあります」

 

下條乃將(情コミ1=東京実)

5組16着 30分45秒50

――今日の目標設定はどれくらいでしたか。

 「とりあえずレースの流れにもよりますけど、早いペースでいくならベスト狙いで、ゆっくりなら前回と同じで30分切るくらいかなという感じだったんでした。前半スピードを上げたので、後半が耐えられなかったです」

 

――先日の日体大記録会はいかがでしたか。

 「あの時は暑くもなく寒くもなくていいコンディションで走れました。ほんとは学連に合わせていたので疲労残さないように走っていたんですけど、意外といけちゃうなと思ってそのまま走ったら30分切った感じですね」

 

――周りの反応はどうでしたか。

 「周りからは意外と早いなって言われました。練習していてもBとかCのメニューでダウンしてしまって練習できていなかったので。元々練習が得意なタイプではないんですけど、周りの人からあの練習でどうしてここまでいけるの?と驚かれました」

 

――これまで取り組んできたことは何ですか。

 「ポイント練習がやっぱり重要だと思うんですけど、普段のジョグのなかでリズムをつくって走るのも大切だと思っているので、ジョグをしっかりやるようにはしています」


富田峻平(営1=八千代松陰)

組21着 29分51秒19(自己新)

――今日のレースを振り返っていかがでしょうか。

 「もっとスピードに対応して、集団に付いていけたらよかったと思います」

 

――自己ベスト更新ですね。

 「自己ベストを更新できるというのは、ある程度普段の練習から自信を持っていけたのでいけそうだなと思っていました。とりあえずベストは出たんですけど反省点の方が大きいです」

 

――レース前の目標は何ですか。

 「同じ学年の櫛田、小澤に少しでも付いていき、勝負していくというのを目標にしていました」

 

――雨のなかでのレースでした。

 「少しアップをやって、気温とか格好には気を付けていたのである程度はできたと思います」

 

――箱根駅伝までの目標は何でしょうか。

 「今日のレースの反省を生かして、箱根駅伝までに少しでも修正していけたらいいなと思います」


[競走部担当一同]

 

第96回箱根駅伝まであと34日。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読