特集記事
SPECIAL

山隈「挑戦する気持ちで」 2度目の全日本へ

フィギュアスケート 2019.11.28

◆10・24~27第45回東日本選手権(軽井沢風越公園アイスアリーナ)▼❶山隈


 山隈太一朗(営1=芦屋国際)は総合200点超えで東日本選手権を制覇し、2度目の全日本出場を決めた。


 捨てた慢心


 わずか6枠の出場権争いに「少しでも気を抜いたら落ちる世界」と恐怖を感じていた試合前。SP(ショートプログラム)を3位で折り返す。だが精神的に追い込まれた中でのFS(フリースケーティング)。堂々たる滑りを見せると今季自己ベストの134・85点を記録した。「プレッシャーに勝った喜び」に笑みをこぼし、両拳を高く突き上げた。

 昨年度全日本10位は東日本の中ではトップの成績だった。しかし、実績と自信を引っ提げ挑んだ東京選手権ではまさかの2位。「東では勝てる」と過信していたが、その思いは打ち壊された。「自分に甘い部分があった」。練習の質が点数に出たと省みる。朝が苦手で朝練習に集中できなかったが、アラームを工夫して改善。東日本までの1カ月間、甘えを捨てて自らを追い込んだ。

 今年度の目標は「全日本ベスト6」。東日本を制したが、改善点もある。技術点と演技後半にかけての体力面。さらに、4回転サルコウを取り入れ、点数を伸ばすことも画策。「挑戦する気持ち」で、2度目の全日本の舞台に挑む。


【中澤美月】


◆山隈太一朗(やまくま・たいちろう)大阪府出身。177㌢・67㌔


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読