特集記事
SPECIAL

善波監督が勇退 12年間の監督生活に幕

硬式野球 2019.11.28

◆9・14~11・4 東京六大学秋季リー グ戦(神宮球場)▼❺明大 


 12年に及ぶ監督生活に幕を下ろす。5位に終わった秋季リーグ戦後、善波監督が退任を明らかにした。「自分の会社の仕事をきっちりしなければいけない時期にきている。新しい空気で良い明大野球部になってほしい」と話した。


 歴史に残る名将だ。2004年からコーチを務め、08年に監督に就任。1年目の春季からチームをリーグ優勝に導くと、24季で9回のリーグ制覇を果たした。全日本大学選手権、明治神宮大会も制し、合計3度の日本一にも輝いた。 その間には10年の荒木選手(平23営 卒)から10年連続でプロ野球選手を輩出。計17人をプロの世界へ送り出した。柳選手(平29政経卒)は「現役の頃は厳しいこともたくさん言われた。それでも今思えば、監督がいろいろ考えてやってくれていた。すごい監督に教わることができた」と指揮官に感謝の意を述べる。 

 後任は未定だが、人間力野球をベースとした〝善波イズム〟は絶えず受け継がれる。今秋は5季ぶりの5位に終わったが、来春のリベンジに向けて、もう一度走り出す。


【楠大輝】


◆善波達也(よしなみ・たつや)昭60文卒。現役時代の守備位置は捕手


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読