特集記事
SPECIAL

平田しおり アジア選手権3位入賞 明大生一番乗りで東京五輪内定

射撃 2019.11.28

◆11・3~11第14回アジア選手権(カタール・ドーハ)▼女子ライフル三姿勢❸平田


 明大生の東京五輪代表内定、第1号だ。平田しおり(政経2=金沢伏見)は選考会となるアジア選手権で1169点を出し、ファイナルに進出。3位入賞を果たし、日本人選手最上位となり、国別の出場枠を獲得した。


努力の天才

 三姿勢の2番目・伏射を終え、途中経過は2位。残すは立射。「大会前から調子が上がらず、苦しかった」。それでも戦い抜けた要因は「他種目の好成績による心の余裕」。不調を補える総合力で切符を手にした。

 代表内定は努力の結晶だ。高校から銃を手にした平田。射撃部はなかったため、射場に通えるのは週末のみ。クレー射撃選手の父と二人三脚で技術の向上に努めた。「自分が五輪なんて全く想像できなかった」。転機は今年2月にインドで行われたW杯だった。世界のトップスナイパーを相手に、平田は7位入賞。当時の自己新記録をたたき出した。「ここから五輪を意識できるようになった」。その後は、大学の大会に出場する傍ら、国際大会で世界各地を転々とする日々。「本当に大変だった」。それでも「五輪が手に届くところにある」ことを原動力に、自己研鑽(けんさん)に励んだ。

 「ここまで来たからには金メダルを」。今年度も自己新を記録し続け、まだまだ成長途中。来夏〝JAPAN〟のジャージーを身にまとい、表彰台の頂点に立つ。


【上松凜助】


♥平田しおり(ひらた・しおり)石川県出身。160㌢


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読