特集記事
SPECIAL

藤﨑主将「自分が明治を強くしたかった」 2年連続団体インカレ準V

剣道 2019.11.28

◆11・10第38回全日本女子学生優勝大会(春日井市総合体育館)▼❷明大


 最後まで笑顔があふれた。藤﨑薫子主将(営4=島原)を中心に、3年ぶりの日本一を目指して臨んだ全日本女子団体戦。あと一歩及ばず、頂点は逃したが、2年連続の準優勝に輝いた。


最高の仲間

 優勝を懸けた決勝・立大戦はお互い一本も取れないまま大将戦へ。藤﨑にとって最後の大一番。準決勝で脚部に肉離れを負うが「気にしないで」とチームの雰囲気を最優先。痛みに耐えながら戦った。一進一退の攻防も、引きメンを取られ敗北。昨年度と同じ準優勝に終わったが「頑張ってきて良かった」。仲間との絆を再確認し、笑顔で体育館を後にした。

 どんな場面でも中心には彼女がいた。元々「誰よりも練習している」(山﨑里奈・法2=中村学園女子)と後輩も舌を巻くほどの努力家。今季は主将を任されると「常にみんなの目標でありたい」と鍛錬を怠らず、チームの先頭に立ち続けた。さらに、今大会前には思い出の写真や動画を入れたビデオを作成。主将の愛あふれる動画に涙を流す部員もいたほど。最後にはみんなの輝く姿で士気を高めた。「勝ちたいという気持ちが増した」(山﨑)技術面だけではなく、深いチーム愛を持つ姿はまさに理想の主将だった。

 全国制覇の夢は後輩たちがかなえる。「本当に良いチームだった。来年は絶対に優勝してくれる」。もうすぐ旅立つ4年生の技術と思いを竹刀に込めて。残された部員たちはさらなる高みを目指す。


【金内英大】


♥藤﨑薫子(ふじさき・かおるこ)熊本県出身。息抜きの方法は水族館に行くこと。160㌢


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読