特集記事
SPECIAL

田村優選手が母校に凱旋! トークイベント開催‼

ラグビー 2019.11.28

 世界を驚かせた男が明大に帰ってきた。ラグビーW杯で活躍した田村優選手(平23文卒・現キヤノンイーグルス)が11月20日に駿河台キャンパスで学生向けトークイベントを行った。


--先日のラグビーW杯はどれくらい緊張していたか

 「開幕前に南アフリカとの試合があって、その後3、4日休みがありましたが、その辺から緊張はしていました。15年のW杯で3勝して、今回は自国開催なのでその成績が最低ラインだと思っていました。そこは超えなければいけないので、4連勝しかありません。初戦のロシアは格下なので、勝ち点5を取らないといけない。本当にいろんなことを考えていました。また、日本人はミーハー気質なところがあるので、今回は大きく盛り上がるチャンスでした。逆にここで駄目だったらラグビーが注目されることは一生ない。そのプレッシャーを開幕前、ロシアとの試合では感じていました。」


--大学時代と今を比べて

 「舞台も違いますし、背負う責任も違いました。今は国民の皆さんの期待を背負っているので。大学ラグビーは楽しかったです。でも、楽しいくらいで必死こいて準備するほどそこまでラグビーに熱中していなかったのかもしれないです。今も楽しいことに変わりはないですが、責任が何もなかったです。」


--今の明大で注目している選手は

 「キャプテンの武井選手です。彼は高校も一緒なので。この前の慶大戦を少し見て、勝ちましたけど、まだまだ力はあると思うし、もっともっと良いラグビーをしてほしいと思います。」


--大学生にエールを

 「これからいろいろな大変なこと、つらいことがあると思いますが、まず自分の好きなことをやるようにしましょう。嫌な仕事は辞めた方がいいですし、好きじゃないことを仕事にするほど辛いことはないです。好きなことだったら全力でやれると思うので、好きなことを100%全力でやってください。応援しています。」


◆田村優(たむら・ゆう)平23文卒。キヤノンイーグルス所属。ポジションはスタンドオフ。自国開催となった今年度のW杯ではキッカーも務め、合計51得点でランキング4位に入った。大学4年間の対抗戦での明早戦は通算1勝3敗で負け越し


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読