特集記事
SPECIAL

日本最強チーム倒した‼ 2年ぶりインカレ4強!

ホッケー 2019.10.31

◆10・23~27 第68回全日本学生選手権(大井ホッケー競技場)▼❹明大


 激動の5日間だった。初戦の関西学大戦で快勝を収めると、2回戦で強豪・天理大、準々決勝で王座優勝校・朝日大から続けて金星を挙げた。4位でインカレを終え、全日本選手権への出場権を得た。番狂わせ連発快進撃を見せた。2回戦は社会人も含めて行われる日本リーグ王者の天理大を圧倒。第2Q(クオーター)にはMF舘亮佑主将(政経4=丹生)の「練習でもやったことがない」というループシュートも決まり、流れを完全につかんだ。3―2で勝利し、準々決勝へ駒を進めた。

 朝日大との一戦はまさに死闘。MF鵜飼聡太(政経3=丹生)の3試合連続得点で2―1と勝ち越したが、試合終了間際に失点。勝負の行方はSO(シュートアウト)戦へもつれ込んだ。するとGK野井辰真(法3=伊予)が好セーブを連発。最後のシュートが外れるのを見送ると、チーム全員が一斉に守護神の元に駆け寄った。2年ぶりの4強を決めた瞬間だった。

 ノーシードの明大は1日で2試合をこなすなど、5日間で5試合という過密日程。疲労から準決勝、3位決定戦は惜しくも敗れたが「負ける気はしないチームになった」(舘)と確かな収穫を手にした。残る公式戦はリーグ順位決定戦と、全日本選手権のみ。強豪撃破の自信を引っ提げ、最後の戦いに挑む。

【中野拓土】

※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読