特集記事
SPECIAL

姉妹で躍動‼ 上杉杏インカレ3位!

バドミントン 2019.10.31

 ルーキーが大舞台で一花咲かせた。学生王者を決める今大会。女子シングルスで順調に勝ち進んだ上杉杏(商1=埼玉栄)が堂々のベスト4入り

を果たした。

稀代の新星

 3度目の正直はかなわなかった。準決勝で香山未帆(筑波大)と対戦。秋季リーグ戦、さらには東日本インカレ決勝でも敗れた因縁の相手に「今度こそ勝つ」。リベンジに燃えていた。しかし、相手の低く速いラリーに押され、得意の攻撃的なショットが決まらず。第2セットを奪ったが、1―2で敗戦。またしても高い壁に決勝進出を阻まれた。それでも、初のインカレで堂々のベスト4入り。「フットワークのレベルが高い」(重松花苗主将・政経4=埼玉栄)と、主将をうならせてみせた。

 強さの秘訣(ひけつ)は姉・上杉夏美(商3=埼玉栄)の存在だ。昨年度、ダブルスで明大初の学生日本一に輝いた姉に対し「尊敬しているが、負けたくはない」。負けず嫌いな性格はどんな球にも食らいつくプレースタイルを生んだ。他にも「自分の頭の中で考えてプレーするところを見習っている」。一番身近な良いお手本を常に研究してきた。

 そんな2人は誰もがうらやむ仲良し姉妹。「一緒にインカレで団体優勝をしたい」と、明大への進学を決めた。競技以外でも「多いときは姉妹で週7回もタピオカを飲んでいた」(西口涼子・農4=埼玉栄)と、姉妹そろって大のタピオカ好き。姉妹であり、仲間であり、ライバルでもある。絶妙な2人の距離感が、お互いを高め合う原動力となっていた。

 今大会の団体戦は台風の影響でやむなく中止に。東日本団体インカレで準優勝に終わったからこそ「絶対に優勝したかった」。来年度が姉妹で団体優勝できる最初で最後のチャンス。「もちろん優勝を目指す」。新星の挑戦はまだ始まったばかりだ。

【素宮愛結】

♥上杉杏(うえすぎ・あん)広島県出身。最近うれしかったことは、明大前駅付近にタピオカ屋ができたこと。162㌢

※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読