特集記事
SPECIAL

伊勢DeNA3位! 父の言葉に救われ、飛躍遂げた変則右腕

硬式野球 2019.10.31

 変則右腕がプロの扉を開いた。伊勢が横浜から3位指名。夢舞台で〝横浜優勝〟の立役者となる!

大夢VS悪夢

 「ああ夢か」。指名漏れした自分がぼう然と立ち尽くす。ドラフト前、最後の登板を終えた10月5日から、伊勢は悪夢を見るようになった。森下は1位指名が確実。一方で、実績も乏しければ大学日本代表の経歴もない。覚悟して臨んだ秋季リーグ戦ではたったの1勝。「こんな投球してたら……」。不安は日に日に増していった。

 ドラフト当日、緊張した面持ちで会場に入った。じっとできず座席から何度も離れる。その姿は打者に相対する右腕とは別人だった。重圧からの解放は突然訪れる。18時17分「イセヒロム」。その瞬間「うおぉー」という歓声が上がり、一人胸をなで下ろした。「相当みんなを不安にさせた。プロでファンの方を不安にさせないようにしたいです(笑)」。記者会見で笑いを取る。ようやく普段の伊勢が戻ってきた。

心灯した言葉

 明確な目標を持たず始めた大学野球。特に2年次は肩痛で身が入らない。日常生活の怠慢や問題行動。「問題児。ろくな人間じゃなかった」。当然、ベンチ入りも果たせなかった。「野球部を辞めてくれ」。突如言われた善波監督からの退部勧告。本気で野球を続けるか、迷った。「もう大夢のユニホーム姿を見れないのか」(母・多恵さん)。熊本の母にも心配を掛けた。大学もまともに行かず荒んだ日々。相談を持ち掛けた相手は父・強三さんだった。「反省して次につなげることが大事。厄年だから気にするな」。人生で良いときもあれば悪いときもある。「腐ったらいけない」。父の言葉を胸にもう一度前を向いた。

 真剣に向き合い始めた3年次春には3勝を挙げ、防御率は森下に勝った。「良い責任感が出てきてくれれば」(善波監督)。今年は明大のエースナンバー〝11〟を背負った。日本一に輝いた6月の全日本大学選手権。最速151㌔をマークした準決勝・東農大北海道戦は圧巻。7回被安打1の好救援を見せた。「あの活躍があって今日がある。問題児じゃないですよ」。常に厳しい言葉を掛けてきた指揮官も褒めたたえた。どん底の2年前とは一転、明大を代表し、プロで戦う権利を得るまでに成長。本人も周りも想像しなかった光景だった。

 横浜で輝く星となれ。「高校も大学も私立。たくさんのわがままを言った」。高校3年次のバイト経験からお金を稼ぐ苦労も知る。だからこそ両親には人一倍、返したいものがある。「簡単ではないけど活躍して恩返しを」。目指すはシーズンを通して登板できる中継ぎだ。「いろいろな人に応援してもらえる人になってほしい」(強三さん)。あまたのピンチを救い、仲間にもファンにも認められたとき、伊勢大夢の恩返しは達成される。

【坂田和徳】

◆伊勢 大夢(いせ・ひろむ)熊本県出身。九州学院高時代にはエースとして春夏甲子園出場を果たした。右投右打。181㌢・86㌔

※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

→年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読