特集記事
SPECIAL

末松 全日本ジュニア初V!

柔道 2019.09.26

◆9・14~15 全日本ジュニア体重別選手権(埼玉県立武道館)▼60㌔級❶末松


 20歳以下の日本一を決める今大会。末松賢(営2=愛知県私立大成)は下馬評を覆す勢いで立て続けに相手を圧倒。自身初の優勝を飾った。


不撓不屈

 圧巻の柔道を披露した。今大会、ヤマ場となったのは準々決勝。対するは全日本選抜体重別選手権で2年連続3位に輝いた市川龍之介(東海大)。高校3年次のインターハイで、優勢負けを喫した相手だが「辛抱強く狙った」。開始3分23秒、浮落(うきおとし)を決め、優勢勝ち。強敵を早々に倒すと、その勢いで優勝へ突き進んだ。

 昨年度の東京都ジュニア体重別選手権では1回戦敗退。悔しさから「一日一日を大事にした」。普段の練習から先輩に食らいつく姿勢を徹底。受けの軽さを克服するため、レスリング部に通い姿勢を低く保つ意識を体得した。「腐らずにはい上がった結果」と中濱真吾監督も成長ぶりに太鼓判。今大会の結果により、世界ジュニア選手権の出場も決まった末松。自身初となる世界の舞台へも、反骨精神で立ち向かう。


【荒川千那】


◆末松賢(すえまつ・けん)福岡県出身。164㌢・60㌔


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES