特集記事
SPECIAL

一般生から体育会 広がる無数の選択肢① 鷹見柚香 

バスケットボール(女子) 2019.08.03

 誰もが一度は憧れるキャンパスライフ。部活、サークル、留学、多種多様な課外活動……。君のやりたいこと全てをかなえてくれる、それが明治大学だ。そこに集うのは、3万人を超える十人十色の学生たち。明治大学での出会いとつながりが、新たな可能性を広げてくれるはずだ。この面では、受験の壁を乗り越え、現在明治大学を背負って活躍している体育会生の2人にフォーカスした。学業だけにとどまらない、君だけの文武両道を。最高に熱い4年間を共に送らないか。

 

 鋭く力強いドライブで敵陣を切り裂く。鷹見柚香(商3=昌平)はアグレッシブなプレーで試合の流れを呼び寄せる起爆剤として活躍。高校時代には国体メンバーに選出された実力派だ。


文武両道


勉強と部活の両立を極めた。部活を引退したのは高校3年次、それも8月の半ば。受験生にとっての最も重要な夏休みの半分以上を部活にささげた。それでも「定期的に勉強は続けていた」。1年次から毎日のように行われた小テスト。負けず嫌いの性格が勉強意欲を駆り立て、テストをこなしてきた。さらに、限られた時間の中、隙間時間を有効活用。帰り道や部室でも、単語帳を開く姿にはチームメートも目を丸くした。「電車の中は一番集中できる」と、登下校時は勉強に専念した。その積み重ねがあったからこそ、引退後にはアウトプット作業に着手。ひたすら問題を解くことに集中し、弱点を克服した。努力の積み重ねと、効率的な時間の使い方。これが鷹見の文武両道を成功させた秘訣(ひけつ)だった。「明治だからバスケを続けられた」。同県出身の先輩や同期の姿に親しみを覚え、入部を決意。高校との一番の違いは選手の主体性だった。練習メニューを考えるのも監督ではなく選手たち自身。互いに助け合いながら成長してきた。だからこそ「クラスやサークルの友達にはないつながりができる」。仲間との深い絆の構築。これが体育会の最大の魅力だ。手にした仲間と共に、自分色のキャンパスライフを送る。「大学は楽しい」。苦難の先には、すてきな出会いが待っている。

【大橋未来】


❤鷹見 柚香(たかみ・ゆうか)埼玉県出身。推理小説が好き。168㌢


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES