特集記事
SPECIAL

(11)明大スポーツ新聞部の2019年度前期納会が行われる

明大スポーツ新聞 2019.07.15

 7月13日、カフェパンセで明大スポーツ新聞部の前期納会が行われた。現役・指導陣・OBが集まり、親睦を深めた。


 監督挨拶では、山根俊明監督から東京2020の大会ビジョン「スポーツには世界と未来を変える力がある」を用いた挨拶があった。

明和会幹事長を務める岡﨑幸治氏(平3営卒)からは「今年度発行を迎える500号に向けて、力を合わせて頑張ろう」と力強い言葉をいただいた。


 また、正式な幹部交代も行われた。古賀章太郎前編集長(政経4=明大中野)から「一日一日を大切に過ごしてほしい」と後輩へメッセージが送られ、バトンは楠大輝(政経3=芝浦工大付)へと引き継がれた。


 秋には500号を控えており、66年の歴史に恥じない新聞を作るべく準備を進めている最中だ。また、各体育会の好成績にも恵まれ、明治スポーツへの注目が高まっている。学校関係者・体育会各部・読者・明スポOBOGをはじめ、支えてくださる全ての方への感謝を忘れず、今後も明大のスポーツ振興・発展に貢献していく。


校歌斉唱の模様はこちら


[渡部伊織]


古賀前編集長から読者への言葉

 「日頃より私たちの新聞を読んでくださり、ありがとうございます。明大スポーツが66年の歴史を築くことができましたのは、読者の皆さまが支えてくださったおかげです。部員一同、誠に感謝しております。今後とも、何卒宜しくお願いいたします」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内