特集記事
SPECIAL

早大下し11年ぶり東日本王者!

ソフトテニス 2019.07.10

◆6・29東日本大学対抗競技大会(白子サニーテニスコート)

▼男子❶明大


 破竹の勢いだ。早大との決勝戦。勝敗の行方は3番手、中平(農4)・米澤要(営4)の4年生ペアに託された。最終ゲームは9―7までもつれ込むも、気持ちを切らさず勝利。11年ぶりに東日本王者に輝いた。

 大一番でチームを救った中平・米澤要ペア。結成は入学直後の東京六大学リーグ戦。それから幾度もペアを組み、主力を担ってきた。「何をするか互いに分かる」(中平)。今年度は重要な局面で起用。勝利への意識が強まり、練習量も増加した。春季リーグ戦では長尾・松本ペア(早大)との5番勝負に勝利し、今大会も同ペアに連勝。4年生としての責任が、チームの大黒柱へと成長させた。

 3人の前衛ルーキーを迎えた明大。前衛間のレギュラー争いが加熱し「上級生も油断できない」(米澤要)。ダブルフォワードが増えるなど戦術の幅も広がっている。「全員の試合に対する思いが強くなっている」(米澤要)。インカレ連覇へ準備は整った。再び早大を倒し、完全優勝で王者・明大を証明する。


【福田夏希】


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内