特集記事
SPECIAL

SBR団体 日本新記録‼

射撃 2019.07.10

◆6・13~16関東学生選手権春季大会(長瀞射撃場)

▼女子団体❶明大


 常勝街道をひた走る。今年度を占う春季大会。女子は団体戦で争われるAR(エアライフル)、SBR(スモールボアライフル)の両種目で1位となり、総合優勝。SBRでは日本記録を更新した。昨年度のインカレ制覇の勢いのままに最高のスタートを切った。


不利を武器に

 SBR団体で以前の日本記録を38点上回る3457点をマーク。圧倒的な数字の裏には、不利と言われる環境を武器に変える地道な努力があった。明大の生田練習場では実弾を用いるSBRの射撃ができず、実際に弾を込めて練習できるのは月に2回ほど。24時間練習可能な他の強豪校と比べて、環境面では劣る。しかしその分「基本に時間を割いた」(森本怜花・商3=日大櫻丘)。弾を出さずに撃つ〝空撃ち〟や、銃を構えるだけの〝据銃〟。徹底したフォームチェックで、数年前まで弱点と言われていたSBRが日本一の武器に生まれ変わった。

 偉大な先輩の後を追う。森本は団体戦に加えて、SBR三姿勢と伏射で個人2冠。昨年度のインカレ完全優勝の立役者である劉炫慈氏(平31商卒)が抜けたチームで「劉先輩の穴は自分が埋めるしかない」。そう誓って昨秋から練習を重ねてきた。今大会ではその宣言以上の大活躍。「この調子でインカレまでいけたら」と手応えをつかんだ。

 女子は昨秋から3大会連続の完全優勝。向かうところ敵なしの状態が続いており、さらなる黄金時代が予感される。一方、男子は今大会3位。「女子だけでなく、明治全体が強い射撃部にしたい」(森本)。次戦の全国選抜で8年ぶりのアベック優勝を狙う。


【上松凜助】


♥森本怜花(もりもと・れいか)東京都出身。155㌢


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内