特集記事
SPECIAL

就活生の必勝おにぎりが選手支えた 38年ぶり6度目の全日本制覇!

硬式野球 2019.07.10

 待ちわびた光景だ。全国から27大学が集い日本一を決する全日本大学選手権に、明大は東京六大学を代表して出場。決勝で佛教大を6-1で下し、38年ぶり6度目の優勝を果たした。「やっと歴史がつながった」と、春の日本一は善波達也監督の大学1年次以来の快挙。最高殊勲選手賞には、森下暢仁主将(政経4=大分商)が選出された。


猛進

 9回裏2死二塁、森下が投じた146㌔の直球にバットが空を切る。その瞬間、神宮球場は勝利の歓声に包まれた。選手たちも、応援し続けたファンたちも。38年ぶりの待ちに待った春の日本一。マウンドでナンバーワンのポーズとともに咲いた笑顔。世代を超え、託された夢を成し遂げた選手たちは達成感に満ちていた。

 最上級生の活躍なしでは語れない。北本一樹内野手(文4=二松学舎大付)は5割を超える打率で打線をけん引した。3回戦では強豪・東洋大相手に森下が完封勝利。準決勝は伊勢大夢投手(営4=九州学院)が好リリーフを見せ、喜多真吾内野手(法4=広陵)がダメ押しの本塁打を放った。迎えた佛教大との決勝。「みんながつないでくれた」。先発した森下は気迫あふれる投球で9回10奪三振1失点の完投。試合後の優勝インタビューでは「このメンバーと野球をやれて本当に良かった」。主将はすがすがしい表情で仲間への思いを語った。


一丸

 昨秋、どん底から新チームが始動した。下級生の頃から活躍していた一つ上の先輩。その4年生主体のチームがリーグ戦4位。また、北本の代は規定打席に1人しか到達していなかった。さらにリーグ戦期間中、ベンチ外の選手が応援に来ていないことが発覚。「先輩ができなかった優勝を自分たちが……」(北本)。迎えた春季リーグ開幕戦、オーダーには新4年生が並んだ。「自分たちが活躍しないと勝てない」(喜多)。不安で動きは硬くなった。

 そんな選手たちに勇気を与えたのがベンチを外れた4年生だった。始動時に繰り返した学年ミーティング。全員の心にあった〝チームが勝つには〟。この思いで自ら裏方を買って出た。普段はチームを離れて、就活に専念する人が大半。そんな中「自分たちのできることをやっていこう」(蓮見昌吾寮長・営4=明大中野八王子)。5時半に始まる朝練では、率先してサポート。私生活の面でも模範となった。 試合当日には早朝から100個のおにぎりを握った。選手が手に取ると、愛情がこもった背番号付き。「本気で応援してくれている。勝たなきゃいけない」(北本)。〝必勝おにぎり〟は士気を上げ、背中を押した。それに応えるようにガッツポーズは決まってスタンドの方へ。拳の先にはネットを握りながら喜ぶワイシャツ姿の4年生。「本当に選手たちはすごいことを成し遂げてくれた」(今井竜司学生コーチ・国際4=豊川)。誰一人欠けてはならない、紛れもなく〝全員〟で戦い抜いた春。「サポートしてくれた人や応援してくれた人、全員のおかげで優勝できた」(北本)。喜びと同時に感謝があふれた。


四冠

 次なる目標は春秋連覇、そして秋の神宮大会制覇。大学野球史上5回しか達成されていない〝四冠〟だ。秋は王者としてのプレッシャーがのしかかる。「チームが一つとなって日本一を」(森下)。春に築いたチーム力を武器に、いまだ成し得ていない新たな歴史を刻み込む。


【坂田和徳】


※この紙面のご購入を希望される方はこちらからお申し込みください

年間購読・新聞販売について


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内