特集記事
SPECIAL

ルーキー特集(2) 勝山(写真右)、佐藤大(写真左)インタビュー

バスケットボール(男子) 2019.05.29

 新たな風が明大を加速させる。春のトーナメントでは2部の関東学大に初戦で敗れ苦渋を味わった。常田耕平主将(政経2=正智深谷)率いる新人戦では結果を残し秋のリーグ、インカレに向け弾みをつけたい。本特集は明大に進化をもたらす期待のルーキー7人を紹介する。

 新人戦の初戦まであと6日。名門・正智深谷高で1年次から出場した勝山大輝(法1=正智深谷)と、インターハイ出場経験のある佐藤大介(国際1=駒大付苫小牧)。本日はそんなお二人のインタビュー記事をお届けする。(この取材は5月16日に行われたものです)

 

勝山

――明大を選んだ理由を教えてください。

 「明大の良いところは学生が主体となっているところです。中学、高校時代はずっと監督の指示の元でやっていましたが、大学では試合や練習をやっている中で、先輩が自分の悪いところや良いところを教えてくれます。実際にやっているプレーヤーしか分からないこともあるので、いい環境だと思います」

 

――今大会では正智深谷高の先輩の常田耕平(政経2=正智深谷)選手が主将を務めます。

 「常田さんの持ち味は熱意ですね。高校時代から変わりません。一つのミスも許さないくらい、突き詰めています。チームを鼓舞してくれて、つらいときでも常田さんが引っ張ってくれます。実は大学でバスケをやろうか悩んでいました。大学バスケは1対1が多くて僕は自分でチャンスを作るようなタイプではなく、人に生かされるタイプなので向いてないと思いました。そういうことを常田さんにお話した時、それでもバスケがやりたいなら、1部のチームでやる方がいいと言ってくれて、明大に決めました」

 

――ご自身の持ち味を教えてください。

 「地味なプレーですね。シュートを1本1本決めたり、ルーズボールのディフェンスを頑張るとかスタッツに載らないようなプレーをしっかりやることを心掛けています」

 

――他大で対戦したい選手を教えてください。

 「高校時代チームメートでエースだった渡部琉(中大)ですね。僕の憧れです。自分は背番号24番ですが、その番号は彼が高校時代に着けていたから選びました。彼の努力は桁違いです。対戦したいですね」

 

――仲のいい体育会の選手とかいますか。

 「ラグビー部の楢﨑(海人・法1=筑紫)とか話しますね。授業を一緒に受けたりしてます」

 

――新人戦に向けて意気込みをお願いします。

 「勝っても負けても自分たちのバスケができないと意味が無いと思います。自分たちらしいバスケをして、新人戦後のリーグ戦やインカレにつなげていきたいです」

 

――佐藤大選手の紹介をお願いします。

 「プライベートはとても面白くて絡みやすくてフレンドリーです。でも練習になるとスイッチが入ってすごく声出すし、走ります。人としてもプレーヤーとしてもいい選手だと思います」

 

佐藤大

――明大を選んだ理由を教えてください。

 「進路で迷っていた時に、声を掛けて頂きました。実際に練習を見て、プレースタイルが好きだったので選びました」

 

――ご自身のプレーでの特徴を教えてください。

 「走ることです。オフェンスのときにいち早くゴールに向かうことなどは特徴です」

 

――恩師の方はいますか。

 「今まで習ってきたバスケ部の監督ですね。中学時代の先生は思春期でグレていた自分を立ち直らせてくれました。高校時代の先生は厳しい練習で自分を鍛えてくれました。感謝しています」

 

――今まで挫折はありますか。

 「小学校の時に一度バスケを辞めました。もう嫌だと思って野球をやりました。それで1年後くらいにまたバスケがやりたくなって戻りました。今でもつらいことはありますが、ここで辞めたら小学校の時と同じだと思って踏みとどまることができます」

 

――座右の銘を教えてください。

 「『一生懸命』です。母親の口癖で、勉強も部活も何事も一生懸命やることが大切だと思います」

 

――他の体育会で話す選手はいますか。

 「野球部の中村奎太(国際1=日大三)とかテニス部の岡垣穂香(国際1=岡山学芸館)とよく話しますね。スポーツの話もしますが、日常の他愛もない会話が楽しいです」

 

――今年度の目標をお願いします。

 「まずは試合に出ることです。自分のやるべきことをやって、試合で貢献したいです」

 

――新人戦に向けて意気込みをお願いします。

 「少しでもチームの力になれるように自分の精一杯の力を出したいと思います」

 

――勝山選手の紹介をお願いします。

 「プレー面では外も中もできるオールラウンダーです。日常ではみんなにいじられててとても面白いです」

 

――ありがとうございました。


[浅野拓磨]

 

 ◆勝山 大輝(かつやま・だいき)法1、正智深谷、187センチ ・77キロ 登録ポジションはSF(スモールフォワード)。座右の銘は「努力するものは希望を語り、怠けるものは不満を言う」

 

 ◆佐藤 大介(さとう・だいすけ)国際1、駒大付苫小牧、190センチ ・86キロ 登録ポジションはC(センター)。趣味はスポーツ観戦。野球やサッカーを主に観戦する


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読