特集記事
SPECIAL

(5)開幕前インタビュー 入江大生

硬式野球 2019.04.15

(この取材は3月13日に行われました)

入江大生投手(政経3=作新学院)
――昨シーズンを振り返ってみていかがでしたか。

 「春は調子を崩してベンチにも1試合しか入っていなくて、秋にはようやく調子を戻したのですが全試合を通してあまり納得のいくピッチングができなかったと思うので、今シーズンは頑張りたいです」

――1年春から防御率は着実に上がっています。
 「最初のスタートが悪すぎたので、上がって当然だと思います(笑)」

――改善したところは何ですか。
 「改善したというよりは徐々に六大学のバッターに慣れてきたのかなと思います」

――春への課題を教えて下さい。
 「防御率を格段に上げなければならないと思うので、課題としては点を取られないことが1番の課題だと思います」

――昨シーズンで記憶に残る試合はありますか。
 「法政戦なのですが、リリーフで登板してサヨナラを打たれてしまって。法政は明治が苦手にしている相手なので、やっぱりそこで勝ち切れなかったというのが1番印象に残っています」

――1年春に「直球を150キロにしてからが本番」と仰っていました。
 「結構期待はできるかなとは思うんですけど。まだ分からないです」

――高3次夏はバッターとして活躍されましたが大学では投手に復帰されました。投手に戻ってよかったと思えたシーンはありますか。
 「まだないですね。これから作ります」

――全国高校野球選手権では早川投手(早大)から大会記録となる3戦連続の本塁打を放ちました。今は立場も変わりましたが意識はされていますか。
 「めちゃめちゃ意識してます。もう意識しかしてないです」

―ルーティンなどはありますか。
 「ルーティンは作らないようにしています。もしそれが出来なかったら『あ、これやってない。やばい』というのはあまり好きではないので。ルーティンはないですけど普段からゴミを拾ったりとかはしていますね」

――高山陽成投手(文1=作新学院)が入学されました。高校時代の後輩であり右ピッチャーと共通点も多いですがアドバイスなどはされましたか。
 「まだ一緒に練習する機会がなかったので何かアドバイスしたっていうのは無いのですが、多分一緒に練習するようになったらアドバイスすると思います」

――今年は添田真海内野手(法4=作新学院)にとってラストシーズンとなりました。より力が入ったりはしますか。
 「そうですね、小学校は隣で中・高・大とずっと一緒なのでそんな先輩のラストシーズンとなると自分だけじゃなくて、先輩の気持ちもあるじゃないですか。なので余計今年は気持ちも強いですね」

――力を入れている練習は何ですか。
 「チームを通してこの時期までトレーニングは欠かさずやっているので昨シーズンよりは、やはり力強い打球だったり力強い球というのがチーム全体に増えているのかなと思います」

――得意球は直球とスライダーですか。
 「そうですね。今シーズンからフォークを投げ出して。今までも投げていたのですがそんなに信頼できるボールじゃなかったんですね、自分の中で。それがオープン戦から結構投げれるようになったので。得意球って言ったら直球、スライダー、フォークですかね」

――今年の目標の数字を教えて下さい。
 「防御率は1点台が目標ですね、目標というか達成しなければならない、使命です。あとはチームがもう2年間も優勝していないので、優勝というのを目標に今シーズンはやっていきたいなと思います」

――ありがとうございました。

[荒川千那]




関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内