特集記事
SPECIAL

(6)春季関東大学1部リーグ戦直前インタビュー 小松一哉②

バレーボール 2019.04.05


4月6日に春季関東大学1部リーグ戦が開幕する。昨年度のインカレで3位の好成績を収め、今年度も小松一哉主将(政経4=雄物川)を中心にさらなる飛躍が期待される。今回の企画では春季リーグ戦で活躍が期待される5選手を取材。第6回はチームをけん引する小松のインタビューの続きをお送りする。

 

(この取材は3月21日に行われたものです)

 

 

 

――今年度もサーブレシーブは2枚の形ですか。

 

「そうですね。自分があまりキャッチがうまくないので、ジャンプサーブは3枚ですけれど、控えのサイドでキャッチできる子はいますし、もしかしたらそういうオプションも1年通したらあるかもしれないです。試合中に状況が悪かったら、自分もキャッチに入るかもしれないですし、今年度はそういうつもりで練習してきます。これができないというのは個々にあるかもしれないですけれど、できないからと言ってやらない人はいないと思いますし、それぞれが自分の役割をもってやってくれていると思うので、基本的に昨年度と変わらないサーブレシーブの形になるかもしれないですけれど、もしダメな時はチームで柔軟に対応できる体制は整ってきていると思います」

 

 

 

――ルーキー選手たちはいかがですか。

 

「みんな能力が高い子が入ってきました。でも自分もそうでしたが、まだまだパスのような基本的な部分で厳しいことを言うと、まだまだという印象です。しかしその分伸び代はあると思いますし、自分でどれだけやれるかという明大の環境で、自分のことを伸ばせるかが大切だと思います。自分も手助けはしますけれど、個人個人には期待はしていますし、春リーグから出れるような選手も何人かいるので、上級生もいい刺激をもらっています。春リーグは1年生が出たら楽しみにしてほしいです」

 

 

 

――ミドルブロッカーがルーキーには多い印象ですが。

 

「いろいろなポジションできる子がいるので、最初からそこと当てはめずにやりたいとは思っています。安井(恒介・政経1=市立尼崎)はまだレシーブの部分が全然という感じですが、良いものを持ってるので、ミドルでなら今は使いたいです。これから先レシーブがとても上手くなってサイドになるかもしれないです。レシーブは全員にできてほしいので、1年生には頑張ってほしいです」

 

 

 

 

 

――春リーグに向けて意気込みをお願いします。

 

「今年度のチームは今年度のチームでやろうと思っていますし、日本一を狙えるチームなので、簡単なことではないですけれど、春リーグもしっかり自分たちのテーマを持って、優勝を目指すのはもちろん、春リーグ終わって一つレベルアップできたと実感できるようにしたいです」

 

 

 

――ありがとうございました。

 

 

 

[大西健太]

 

 

 

◆小松 一哉(こまつ・かずや)政経4、雄物川、179センチ、69キロ

 

 

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内