特集記事
SPECIAL

(3)春季関東大学1部リーグ戦直前インタビュー 安井恒介

バレーボール 2019.04.04

 4月6日に春季関東大学1部リーグ戦が開幕する。昨年のインカレで3位の好成績を収め、今年も小松一哉主将(政経4=雄物川)を中心にさらなる飛躍が期待される。今回は春季リーグ戦で活躍が期待される5選手を取材。第3回はMB安井恒介(政経1=市立尼崎)のインタビューをお送りする。

(この取材は3月21日に行われたものです)


――明大に進学した理由を教えてください。
 「早大とかは結構レベルが高いですけど、明大は(最近)日本一になっていなくて、昨年全日本インカレ3位で今伸びてきているチームなので、そういうチームに入ってレギュラーを取って、活躍して日本一を目指したいと思いました」


――以前から明大バレー部のことを観ていたのですか。
 「知っている人とか、被ってはないですけど高校の先輩とかも居たので、結構話も聞いたりしていて、YouTubeで動画も見ていました」

――実際に入部してみて雰囲気はいかがでしたか。
 「
ピリピリとした雰囲気もあるし、結構楽しむときは楽しむし、メリハリというか練習と練習じゃないときとの切り替えがみんなできていて、やりやすいです」

――寮生活はいかがですか。
 「だいぶ慣れました。4年生が話しかけてくれたり、3年生は結構いじってくれたり、そういう面で上下関係がないというか、寮は楽しいです。直さん(上林直澄・法3=東亜学園)や航さん(陸川・政経3=近江)が結構しゃべりかけてくれたり、島さん(波輝・政経3=皇學館)も寮で一緒に過ごしたり、みんなに仲良くしてもらってる感じがします」

――プレースタイルを教えてください。
 「三輪さん(大将・政経2=高川学園)は器用な感じですけど、先輩からもパワー型でいけと言われていて、結構パワーはある方だと思っています。高さもあるとみんな言ってくれていて、明大はあんまりパワー型がいないので、ブロックの上から打ったり抜けるときは抜いて、器用にできる方ではないと思うので、パワー重視です」

――現在Aチームで練習されていますが。
 「Aで出ている1年生は僕だけで、松田さん(海飛・文3=愛工大名電)か僕が出るのかという感じです。変なプレッシャーというか、もしミスしたら迷惑かけるなとか、先輩にもミドルの人はいるし、僕が出て変なプレーをしたら先輩の方が良いのかなと思われるのは嫌なので、そういう緊張というかプレッシャーがありますが、思い切ってやったらいいよと(先輩が)言ってくれるので、精神的に先輩方に助けてもらっている部分は大きいです」

――尊敬している選手はいますか。
 「三輪さんです。私生活は結構ギャップがあって全然違います(笑)。でもプレーになったら直さんとかも一番信用しているし、明大のみんなも三輪さんがいなかったら勝てないと思っているので、プレーの面で学びたいプレーが一番多い人です」

――春リーグの目標をお願いします。
 「自分に上げてくれたトスは全部決める覚悟で、なおかつどれだけ悪いトスをカバーできるのか、先輩方の期待に応えられるようにリーグ頑張っていきたいと思います」


――新人賞を狙っていますか。

 「先輩も結構いけるんじゃない?と言ってくれますけど、早大に大塚(達宣)くん居ますし、僕らが早大倒したらとも言われますけど、考え過ぎたら良いプレーできないと思うので、自分のプレーというか、落ち着いていつも通りのことをやって、まずは明大がリーグ1位になれるように頑張りたいと思います」

――ありがとうございました。


[藤山由理]


◆安井 恒介(やすい・こうすけ)政経1、市立尼崎、189センチ・82キロ


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内