特集記事
SPECIAL

(1)春季関東大学1部リーグ戦直前インタビュー 池田颯太

バレーボール 2019.04.03


4月6日に春季関東大学1部リーグ戦が開幕する。昨年のインカレで3位の好成績を収め、今年も小松一哉主将(政経4=雄物川)を中心にさらなる飛躍が期待される。今回は春季リーグ戦で活躍が期待される5選手を取材。第1回はOP池田颯太(営3=松本国際)のインタビューをお送りする。

 

(この取材は3月21日に行われたものです)

 

 

 

――現在のチームの状態はいかがですか。

 

「合宿で関東1部のチームと練習試合をして、昨年度とメンバーがほとんど変わっていないですけれど、上で戦えるだけの力はあると感じました。春リーグから上位を狙っていきたいです」

 

 

 

――昨年度のチームから変わったことはありますか。

 

「昨年までは4年生に智大(小川智大・平31政経卒・現豊田合成トレフェルサ)さんがいて下級生だったので、とにかくプレーに集中しようという気持ちでやっていました。インカレではコートの中心でという気持ちもありましたけれど、そういうところはまだ甘いです。4月から3年生と上級生になり、コートに立っている期間が1年生から出場していて長い方なので、プレー面はもちろんですけれど、気持ちや精神面でチームの支えになれるようにという意識でやっています」

 

 

 

――具体的にどのようなことを意識されていますか。

 

「新1年生がコートに入る機会が多くなってきているので、声掛けをして下級生が伸び伸びとプレーしやすいように、コートの環境をつくることを意識してやっています」

 

 

 

――春リーグでの課題はありますか。

 

「智大さんが抜けてレシーブ力もですけれど、サーブレシーブでのサイドアウト率がとても落ちたと思います。キャッチの安定感は下がってしまうのは仕方ないです。それはここから上げていけばいいですけれど、サーブレシーブが上がらなかった時に、どれだけサイドの4年生2人と僕が2段トスを頑張ることが、春リーグで勝てるか勝てないかにつながってくると思うので、今まで以上に頑張りたいと思います」

 

 

 

――ライバルとなってくる大学はありますか。

 

「中大や筑波大はまだ見たことがなく、試合もしたことがないですけれど、早大は今年も上位に絶対くると思います。他の大学もそこまでにメンバー変わっていないので、実力差はないと思います」

 

 

 

――早大との練習試合はいかがでしたか。

 

「早大もケガ人がいて万全ではなかったですけれど、早大も昨年の精神的な柱だった4年生のサイド2人とセッターが抜けていて、今年は練習試合を見ていても、昨年の早大にはなかったミスや甘さがまだあり、春リーグは早大や他のチームも完成度は低いと思うので、チャンスだと思います」

 

 

 

――春リーグで個人的に意識することはありますか。

 

「サーブは昨年から武器にしてやっていましたけれど、サーブ賞を東日本しか取れなかったのは悔しかったです。今年もボールがミカサでフローターサーブがとても有効だと思うので、サーブ賞を目標にするのはもちろんですけれど、どれだけ相手に嫌なサーブ打てるかを意識してやっています」

 

 

 

――春リーグに向けて意気込みをお願いします。

 

「上級生になって初めての公式戦で、今年はタイトルを一つでも多く取りたいと4年生とも話をしているので、僕自身3年目で余裕をもってプレーできると思うので、上級生の責任や自覚をもって春リーグ優勝したいと思います」

 

 

 

――ありがとうございました。

 

 

 

[大西健太]

 

 

 

◆池田 颯太(いけだ・そうた)営3、松本国際、192センチ、75キロ

 


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読のご案内