福島県新地町で復興支援活動行う/新地町奉仕

ローバースカウト 2016.08.11
 東日本大震災からの復興を目的とし被災地での奉仕作業を行った。連日の炎天下の中、福島県新地町にて地域の祭りのボランティアや子どもたちとふれ合うデイキャンプを敢行。50人以上の部員が地域住民と交流し汗を流した。

 6日には今年で第6回を迎えたやるしかねぇべ祭が開催された。震災からの復興を狙い開かれているこの祭り。ローバースカウト部が参加してから3年目となった今回のボランティアでは、おもちゃを作って子どもたちとのふれ合いを図るブースを開いた。またゴミ拾い、トイレ掃除といった清掃活動や警備活動など与えられた役割でそれぞれが懸命に作業をした。エコステーションでゴミの分別などを担当した佐藤正太(総合2=国学院)は「(新地町は)被災地で気持ち的に沈んでいる部分があったと思う。小さいボランティアだけど、このボランティアを通して笑顔を少しでも多く取り戻せたら」と言う。震災から5年、今年12月に最寄りの鉄道路線区間の運転再開が予定されているなど、新地町はまだまだ復興途上。沿岸部には被災地としての光景も色濃く残る。それでも今回の活動を通して部員の多くが感じたのは地元住民たちの活気だ。「地元の方のほうが元気で、私たちがそれを見て『頑張ろう』となるくらい」(木下春香・情コミ3=南平)。「今年もみなさんすごい生き生きとしていて元気をもらえる」(小竹若奈・農2=佼成学園女子)。やるしかねぇべ祭の盛況ぶりは、ボランティアをする側にも元気を与えてくれたようだ。7日、8日にはデイキャンプを開催。様々なプログラムを通して地元の子どもたちと交流を深め、新地町奉仕を終えた。準備や後片付けなど奉仕活動には大変なことも多いが「人の優しさや笑顔を感じられるところがやりがい」(佐藤正)。9月に予定されている気仙沼での奉仕活動でも、たくさんの笑顔と出会えるはずだ。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読