対同大戦で主将まで回せず 無念の2回戦敗退/全日本大学選手権

空手 2015.11.23
対同大戦で主将まで回せず 無念の2回戦敗退/全日本大学選手権


 今季最後の公式団体戦で昨年と同じ2回戦敗退に終わった。初戦を苦しみながらも3勝1分1敗で乗り越え、続く2戦目の相手は関西大学選手権で3位の同大。中野力斗(法2=花咲徳栄)らエースメンバーを序盤にそろえるも、次々に突きを決められ副将の大隅愛斗主将(法4=日本航空)まで回ることなく3敗し明大は2回戦で姿を消した。

 ヤマ場を越えることはできなかった。組み合わせ発表後からヤマ場と位置付けていた同大戦。エース中野を先鋒(せんぽう)に置くも1分には上段突きを決められ0―1のままポイントが動かず、チームを勢いづけることはできなかった。今季台頭した次鋒(じほう)山田大樹(政経1=埼玉栄)も1―1まで追い上げるも1―2で敗戦と悔しい結果に。そして3敗したら終わりの状況で中堅を任されていたのが田坂叡史(政経3=御殿場西)だった。「大隅さんには自由にやってこいと言われていたが、やっぱりつないでほしかったと思うし、何としてもつなぎたかった」と田坂。しかしその思いは届かず中段蹴りを食らい0―2。「持っている力は同じくらいの感じだったけど、技を決めきれなかった」(田坂)と僅差に敗れチームの全日本挑戦は終わった。

 明大の大黒柱として、最後の意地を見せた。「初戦で苦戦したのは予想外」(大隅)と語ったように初戦は本来力の差があるはずの岡山大との対戦だった。しかし先鋒(せんぽう)の清水圭悟(法4=明大中野)が引き分けると、中堅の田坂は0―1で敗戦。後の2人もギリギリのところでの勝利と力が拮抗(きっこう)し、大将戦まで2勝1分1敗としてしまった。その中で「前の四人がみんな僅差で勝ったり負けたりだったので、そこはしっかり点差を付けて力の差を見せるべきかなと思った」と大将として意気込んだ大隅が登場した。開始直後に相手が突きを繰り出したスキに突きを決め先制点を奪うと、その後数秒ごとにポイントを重ねていき5―1で勝利。強い明大を見せ付けた。この試合で主将としての役目を終えた大隅。佐々木監督も「主将としては優しすぎたけど、努力家だし今日の1回戦もさすがキャプテンという感じで見事だった」と主将の背中を評価した。

今年で80周年を迎えた明大空手部だったが、節目に合う結果は出すことができなかった。例年、練習不足による体力のなさを課題にしている中で、今年は新監督も就任し練習量も少しずつ増えている。「やりようによってはもっともっといいチームにできると感じた1年だった」と田坂。結果低迷の解決の糸口はすぐそこだ。来年こそ、チームの意思を統一し強い明治を復活させたい。

[三浦亜優美]

佐々木監督

「練習不足。自分たちで何とかするという工夫が足りない。そこに尽きると思う。試合を見ていても勝てる相手だったとも感じたし、うちの選手もみんなすごい戦歴を持ってるからね。気迫というか規律というかそういったところの問題じゃないかと思うし、自分の指導者としての悩みでもある。彼らが悔しいと感じてくれるかどうかだね。1、2、3でどれか一つでも取って副将、大将につなげる計算だったけど、まさか3つとも落とすとは考えていなかった。僕自身二十数年商社マンとして海外で色々な経験をしてきたけど、権利と義務、つまり権利を主張するだけでなく義務もきっちり果たさないと。そして指示待ちなだけではなくて、受け入れられない指示があったらこういうふうに崩してという自主性も大事。それが出てこないと良くならないかな。大隅は主将としては優しすぎたけど、努力家だし今日の1回戦もさすがキャプテンという感じで見事だった。最後回らなかったのは残念。来年はさっき言ったようなことが変えられるか。そういった動きが選手たちにあれば、十分に期待ができると思う」

大隅主将
「初戦で苦戦したのは予想外ででも大将で回ってきて勝てばいいと思っていたので、そこはあまり気負わずに楽に試合に臨めて結果につながった。前の四人がみんな僅差で勝ったり負けたりだったので、そこはしっかり点差を付けて力の差を見せるべきかなと思った。二試合目は自分が4番目だったので回ってきたらしっかり次につなげようと思っていたが何もできずに終わったというのは悔しい部分もあるが、その前の3人がこれからまた新チームとして引っ張っていくので、今回の負けをこれからの糧にして頑張ってもらっていけばいいかなと思う。大学の主将というのは高校とは違って1から全部自分たちでやっていくというのは苦労した。第一回の全日本で優勝しているような強い大学で試合ができて、80周年の節目としていい結果は残せなかったけど自分たちのやれることはやったので後輩には頑張ってもらいたい。僕は病気で空手を辞めていた時期があったが、ここまでしっかりやれたのは良い仲間がいたからだと思っている。これからも変わらず頑張っていってほしい」

田坂
「やっぱり悔しい。持っている力は同じくらいの感じだったけど、技を決めきれなかった。その差が大きかった。自分の負けも大きな敗因の1つだったと思うし、チームに申し訳ない。同志社は関西3位ということで警戒していたし、ヤマ場として考えていた。ここで勝てていたらチームも勢いに乗れるみたいな。後がない状況で回ってきて、自分が何とかしたいという気持ちはあったけどダメだった。大隅さんには自由にやってこいと言われていたが、やっぱりつないで欲しかったと思うし、何としてもつなぎたかった。今年1年は、来年やりようによってはもっともっといいチームにできると感じた1年だった。来年は結果にこだわるチームをつくって、1つでも今年の記録を塗り替えられるような成績をおさめたい」


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読