(5)ジャンプ・高梨寛大

スキー 2012.02.13
 高校時代にインターハイで準優勝した経験を持つ高梨は、昨年は思うように成績が伸びなかった明大飛行隊のリベンジの切り札として期待が懸かる。コーチや施設などの練習環境が整っているところに惹かれ、明大を選んだという高梨。環境を最大限に生かし練習を重ねて、今年に入ってからは社会人やプロの選手が多く出場している大会に出場し、経験を積み万全の状態でインカレに臨む。インカレについては「優勝します。優勝しか狙っていません」と優勝一直線に突き進んでいる。

 また、高梨は今月中旬から行われるノルディックジュニア世界選手権大会に日本代表選手として出場する。今大会には第1回冬季ユース五輪のスキージャンプ女子で、金メダルを獲得した妹の高梨沙羅(上川中)ときょうだいそろって出場。入学前から目標としていた大会への出場決定に「選ばれた人しか出場できない大会に日本代表として出て、各国の代表選手と戦えるので楽しみです」と意気込んだ。

 「どんな大会も全力で飛ぶだけ」と高梨。 成田(政経2)、横川(政経2)とともに、明大飛行隊の古豪復活のキーマンとなる。

◆高梨寛大 たかなしかんた 営1 北照高出


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読