最終クォーターで逆転許し、まさかの粘り負け/関東大学リーグ戦

バスケットボール(男子)
 昨日拓大との接戦を制し、後半戦ここから勢いに乗りたい明治だったが、同じ相手に痛い逆転負けを喫してしまった。1部リーグで勝つことの難しさを痛感させられる試合だった。

 スターターは金丸主将(政経4)、若林(商4)、駒水(政経4)、田村(政経3)、加藤(法2)。
 
 金丸主将がポイントガードをつとめ、ボールコントロールから自ら先制点を挙げると、立て続けに3Pシュートを決め、5―0と幸先よいスタートを切った。試合開始3分半、駒水に代わり岸本(政経3)がコートに立つ。拓大のゾーンデフェンスに対し、インサイドにボールが入らず、攻めあぐねる場面も見られるが田村、岸本、加藤とコートのメンバーがそれぞれ奮起。金丸主将の3Pシュートも決まり、23―16と7点リードと1クォーター、試合の主導権を握った。

 続く第2クォーター、金丸主将、若林の連続3Pシュートが決まる。さらに、金丸主将のアシストから加藤がゴール下のシュートを決めるなど、徐々に相手のゾーンデフェンスに対しても攻略の糸口を見つけだしたかに見えた。しかし、拓大も意地を見せ、明大のミスを誘う厳しいデフェンスから得点を重ねる。2クォーター残り2分半、気づけば点差は1点差にまで詰め寄られていた。ここから2分半、両者一進一退の攻防が続く。

 ハーフタイムを挟み、迎えた第3クォーター、ファーストシュートを外し、相手にリバウンドを取られるという嫌なスタートだった。しかし、選手たちはコート上で声を出し、試合を立て直す。加藤、若林、田村がそれぞれシュートを決め、6点のリードを奪う。さらに、相手を突き放す金丸主将の3Pシュートで12点のリード。流れを一気に引き寄せた。拓大も点差を離されまいと食らいつくも、田村、金丸主将を中心に得点を挙げ、第3クォーターを61―53で最終クォーターにつないだ。

 最終クォーターも勢いこのままにいくかと思われた。しかし、激しい熱戦が繰り広げられる1部リーグ。そう簡単に勝たせてくれる場所ではなかった。最終クォーターに入り、徐々に選手たちに疲れの色が見え始める。拓大はそのすきを見逃さなかった。ディフェンスカットからカウンターで一気にゴールまで攻める強気の攻撃を見せる。この拓大の攻撃を皮切りに、明大がミスを連発。そのミスを見逃さず、ここから拓大の反撃が始まる。みるみる内に点差は縮まり、逆転を許してしまう。残り2分49秒。68―72、明大4点ビハインドで最後のタイムアウト。ここで流れを引き戻したい明大だったが、一度火のついた拓大の勢いを止めることはできず、無情にも試合終了のブザーが鳴る。68―78、10点差を付けられ悔しい負けとなった。
 
 昨日接戦を制し、今日は第3クォーターまでリードを奪っていた相手だけにこの敗戦は悔しいものとなった。しかし、これが1部リーグ。昨日勝った相手に必ずしも勝てるわけではない。どのチームも戦力が拮抗(きっこう)しているだけに、少しの気の緩みや、疲れが試合の勝敗を左右する。長丁場のリーグ戦。残り6試合をいかに集中して戦うか、明大の真価が問われる。

[中原靖子]

選手のコメント
若林
「4クォーター目に疲れが出てしまった。完全に疲れ負けです。点差がついてリードしたときに受け身になってしまった。また、相手のデフェンスにうまく対処できず、無理やりシュートを打つ場面が多くなってしまったので、シュートが入らなくなったときにインサイドで攻めることができなかったのが良くなかった。勝った次の日に同じ相手に負けるようなのは良くない。残りの6戦は、連勝につなげていきたい」。

岸本
「試合の前半で晃輔さん(金丸主将)に頼り過ぎて、後半の失速に繋がってしまった。これが敗因。チームの状態はリーグ戦の最後に向けて、気持ちの面も上がってきていると思う。残りの6戦も1戦1戦勝つために頑張ります」。

加藤
「終盤のルーズボールやリバウンドで負けた。4ピリは疲れて、ボールをつなぐ選手が居なかった。パスを回して止まってしまうこと場面がたびたびあった。今日は自分勝手にプレーしてしまったことが多かった。今チームはやることをやろうとしているけどできてない。金丸さん中心にしっかり話してやっていこうとしている」。

駒水
「第3クォーターまでリードできたのに第4クォーターでミスが出てしまった。一人一人がリングに向かってなかった。ターンオーバーを許して点差が開いてしまった。自分はベンチにいたけど、周りが動いた方がよかったと思う」。

日時試合対戦相手場所結果
◆第86回関東大学バスケットボール1部リーグ戦日程◆
(結果をクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
9月4日(土) 14:20~第3試合青学大専大生田体育館●47―80
9月5日(日) 14:20~第3試合青学大青学大相模原体育館●86―95
9月11日(土) 11:00~第1試合東海大青学大相模原体育館○76―74
9月12日(日) 11:00~第1試合東海大青学大相模原体育館○93―71
9月19日(日) 17:40~第5試合日大代々木第二体育館●71―76
9月20日(月) 17:40~第5試合日大代々木第二体育館●49―66
9月25日(土) 15:40~第4試合慶大秦野市総合体育館●66―87
9月26日(日) 16:00~第4試合慶大明大和泉体育館●80―91
10月2日(土) 14:40~第2試合法大つくばカピオ○83―69
10月3日(日) 13:40~第2試合法大つくばカピオ○79―53
10月9日(土) 11:00~第1試合拓大専大生田体育館○83―79
10月10日(日) 11:00~第1試合拓大代々木第二体育館●68―78
10月16日(土) 12:40~第2試合中大代々木第二体育館○71―48
10月17日(日) 12:40~第2試合中大代々木第二体育館○58―56
10月23日(土) 11:00~第1試合専大青学大相模原体育館●75―85
10月24日(日) 11:00~第1試合専大明大和泉体育館●54―61
10月30日(土) 12:40~第2試合筑波大専大生田体育館●46―62
10月31日(日) 12:10~第2試合筑波大戸田スポーツセンター○84―65



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読