格上相手に食い下がるも敗北/春季関東学生1部リーグ戦

ホッケー
 この試合に勝てば優勝の望みがつながる一戦。明大は、エースの中尾(法4)主将をケガで欠く中でAプールトップ通過の山梨学大相手に序盤から攻め立てられる苦しい展開になった。前半3分には、PC(ペナルティコーナー)からゴールを許してしまう。その後も再三にわたりチャンスを作られ、我慢の時間が続く。それでも、前半14分には若槻(商3)が右サイドから上げたボールが僅かに合わないなど徐々にペースを取り戻していく。そして前半21分にはセットプレーから徳島(理工4)がゴール。試合を振り出しに戻し、流れを引き寄せたかに見えたが、その後は山梨学大のサイドを大きく使ったプレーに翻弄される。
 
 後半は、疲れの見えた明大に山梨学大の容赦ない攻撃が続く。後半6分にはまたもPC
から失点。その後は何度かチャンスを作るものの決め切れず、逆に後半29分には再びPC
から失点してしまう。後半35分には、この試合を引っ張ってきた小桜(商2)が負傷退場となる。市橋(営1)がチャンスを作り、最後の粘りを見せるも得点にはならず、試合終了となった。

「カウンターで決めたかったが、詰めのパスまで決め切れなかったことが課題」と宮田監督。この結果明大は、先日敗戦を喫した早大との3位決定戦に臨むこととなり、2週間でどれだけ調整できるかがカギとなりそうだ。負傷している中尾主将、小桜両選手も早大戦には間に合わせる予定で早大戦は負けるわけにはいかないと全員が奮起している。

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読