(4)流れを変える男たち 沼田・徳島

ホッケー
 第4回は圧倒的なスピードを武器に攻撃の要として活躍するFWの沼田栄信(法4)とDFながら抜群の突破力を誇る徳島龍太(理工3)。互いに寮では「あまり会わない」と口をそろえる。取材中も軽いノリで即答する沼田に対し、1つ1つの質問に頭を振りしぼって答える徳島。相反するともいえる2人に共通点はあるのだろうか。
◆沼田栄信 ぬまたよしのぶ 法4
石動高出 170㎝・60㎏
スピード ★★★
勝負強さ ★★☆
子どもっぽさ ★★★


 試合では常に攻めのプレースタイルを崩さない沼田。大学ホッケー界でもトップレベルの俊足で、そのスピードは相手のディフェンス陣を置き去りにするほどだ。秋季リーグ・学習院大戦、前半は決定力を欠き流れの悪かった明治。しかし後半から沼田が投入されるとそのスピードでチームの雰囲気を一掃し、チームの勝利に大きく貢献した。ホッケーから離れても「1つのことに入れ込むと止まらなくなるタイプ」(徳島)とプレーと重なる私生活だ。
 
◆徳島龍太 とくしまりゅうた
理工3 天理高出 169㎝・60㎏
ゲームメーク ★★★
真面目さ ★★☆         
アルバイト ★★★
 一方の徳島は3年生ながら、チームの中心となってプレーしている。普段は「怠け者」(沼田)というが、試合が始まると表情が引き締まり、プレーに夢中になると先輩さえも呼び捨てにすることもある。しかし、「上級生になって下級生を引っ張っていくことの難しさを感じている」(徳島)というように部のことを考えている徳島だからこそ許される行為なのだろう。また、「徳島は回りがよく見えてる。徳島がいればチームが盛り上がるし、流れが変わる」(沼田)。

 性格、ポジション、プレースタイルとどれをとっても共通点がなかった2人だが、ここでようやく共通点が見られた。それは「チームの流れを変えられる」ということ。はたしてインカレではどんな衝撃を起こしてくれるのか。この2人がピッチにいる限り、一瞬たりとも試合から目を離すことはできないだろう。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読