明治圧勝!後半に爆発的な攻撃力見せる/秋季関東学生1部リーグ戦

ホッケー
 初戦を落とし、優勝を狙うためには絶対に負けられない2戦目。これまでの対戦で格下ながら引き分けるなど、明治とは相性の悪い学習院大と対戦した。前半の立ち上がりの悪さは目立ったが、後半には爆発的な攻撃力を見せ、9-1と大差を付けての圧勝だった。

 前半、引いている相手に攻め込んでいった明治だが、決定力に欠けペースをつかむことができない。5回のPC(ペナルティーコーナー)もボールがうまく止められず、そのチャンスを生かすことができなかった。

 しかし、後半に沼田(営4)を投入すると速攻で確実にチャンスをつくっていく。「前にいける人を投入したことで攻めが良くなった」(小池コーチ)とここから明治の怒とうの攻撃が始まる。後半開始5分の遠藤主将(政経4)のゴールを皮切りに、相手のディフェンスを振り切り次々と得点を挙げていく明治。前半とは打って変わって、PCからも3得点を決めるなど確実にチャンスをものにしていく。終わってみれば、9-1と明治の圧勝だった。

 「今後の試合へのモチベーションにかかわる大事な試合だったので、点を取って勝てたのは良かった」と試合を振り返った遠藤主将。次の山梨学大戦は、決勝進出を大きく左右する重要な試合となる。今回の試合で確認した課題をしっかり克服し、タイトル獲得に向け突き進んでほしい。

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読