7年ぶりの快挙達成!/東日本大学対抗選手権

ウエイトリフティング
7年ぶりの快挙達成!/東日本大学対抗選手権


 12月に行われる全日本インカレの前哨戦となる今大会。本学では、出場選手8人中5人が表彰台入りを果たし、7年ぶりの優勝という快挙を成し遂げた。

 最初の56㎏級では高橋と小山内の4年生コンビが活躍した。最近は調子が良く「今回はいけると思った」という高橋は、スナッチで大会記録に挑むが惜しくも失敗。ジャークでは1本目を外してしまったものの、2本目では持ち直し優勝を決めた。久々の優勝に「これを待っていた」と満面の笑み。対する小山内は団体戦ということもあり、成功率を重視して大会に臨んだ。その言葉通り着実に重量を挙げ、見事3位に入賞。しかし、本人は「練習で挙げている重量を大会でも挙げていきたい」とうれしさの半面、多少納得のいかない様子も見せた。

 続く62㎏級には武市・古庄が出場。ケガのために、大会3日前に練習を再開したばかりの武市だったが2位入賞を果たした。予想外だったというが、今回の試合内容に関しては「よくできた。今日の調子を維持していきたい」と納得がいった様子。古庄は4位と表彰台には届かなかったが団体戦優勝に貢献した。

 69㎏級にはエース加藤が出場するも、スナッチでまさかの記録なし。ジャークでは3位につけたが「次はこんなことはないようにしたい」と肩を落とした。

 そして、会場のボルテージも最高潮に達した85㎏級。本学からはチームの大黒柱・谷﨑が参戦した。次々と選手が試技を終えていく中、谷﨑は最後に登場。堂々とした試技で会場を沸かせ、スナッチ・ジャーク共に圧倒的な強さを見せ付けた。ジャークでは大会記録に挑むが失敗。それでも2位に20㎏の差をつけ、優勝を手にした。

 14日の105㎏級には中島主将が出場。5月に大阪で行われた全日本学生個人選手権の体調を維持し、今大会に臨んだという。「団体戦で優勝以外は考えられない」とプレッシャーを感じていた様子だが、試技になると緊張をみじんも感じさせず、見事優勝に輝いた。

 最後の+105㎏級には長濵が登場。今回は優勝を意識し、無理をせず試技を終えた。「今回は他が頑張ってくれたが、全日本のインカレでは自分も結果を残したい」と次への課題を語った。

7年ぶりの優勝に選手・監督そしてОBも歓喜に沸いた。中でも喜んでいたのは選手たちで「下級生も頑張ってくれた」(中島主将)とまさに明大ウエイトリフティング部一団となって手にした優勝だった。

 1人1人が大活躍を見せた今大会。しかし、これで満足する本学ではない。さらなる目標達成のため、選手たちの勢いは止まらない。


関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読