叶わなかった4年全員の後楽園勝利/関東大学2部リーグ戦

ボクシング
 リーグ戦最終試合となった今大会。最終戦となった大東大戦に勝ち、来期への一部昇格に向けいい形で終わりたいところだ。そして4年生にとっては最後の「後楽園」ということもあり、4年生全員がエントリーされた。

 最初の対戦で木谷(法3)が登場、今年これまで全勝というチームの勝ち頭はリーグ戦最後の試合でもRSCで勝利した。続く松下(商3)も落ち着いて的確な攻撃で、相手にスキを与えない。松下は判定勝ちし好スタートを切った。来年の一部昇格の中心となるだろう3年生の2連勝はチームを勢いづけた。

 その勢いに乗りたかった鈴木(文1)だったが、判定負けを喫してしまう。しかし悪い流れを断ち切ったのは、ルーキーイヤーから明治の“2枚看板”といわれてきた竹中主将(営4)と櫻井(法4)だった。2人はリーグ戦最後の戦いに並々ならぬ闘志を燃やしていた。「最後の後楽園というのはやはり特別な思いがあった。そこで勝って終わりたかった」(竹中主将)。2人は終始果敢な攻撃で圧倒、完璧な試合内容で判定勝ちとなった。

 坂田(情コミ2)も勝利し、もう1人の4年生中島(政経4)に期待が懸かった。しかし試合開始早々、相手の激しいパンチを多く受けてしまい目からおびただしい量の血が流れる。開始30秒もたたずに試合の続行が困難と判断され、中島はまさかのRSC負けとなった。試合後、最後の後楽園を勝利で飾れなかった悔しさから、出血のためだけではなく涙を止めるためタオルで目を覆っていた中島。「中島は最後のリーグ戦で気の毒だった」(鈴木監督)とチームは勝利したが4年生が全員勝てなかったことを悔やんでいた。

 今年のリーグ戦は終わった。しかし彼らの戦いは終わらない。4年生は最後の戦いに向け、国体や全日本大会が残っている。下級生は先輩たちが果たせなかった一部昇格の夢を叶えるべくこれからも戦い続ける。

 

関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読