(5)武道の本質を知る実力者――稲浩平

空手
 1年時から団体戦メンバー入りを果たし、2年になると大将として活躍。個人でも昨年の関東選手権中量級優勝、全日本選手権5位と、稲主将は輝かしい実績を残してきた。そんな彼が明治を選んだ理由。それは偶然の産物だった。

 名門世田谷学園高で、浦野(農4)、松本(政経4)らとともに稽古に励んでいた稲主将。ある日、浦野に会いに明治の関係者が来ていたところ、それに同席することになり、そのまま明治入学を決めたそうだ。

大切なこと

 成り行きで明治に入った稲主将だったが、高校までとは違い「自由にのびのびやらせてくれる」環境に、自分で考えてやることの大切さに気付かされた。「必死にやった分だけ気として出てくる」。最上級生になり主将に就任してからは「口で教えるのは苦手だから、部員には『強くなるために今自分は何をどうすればいいか』という意識を持ってほしい」と、態度で部を引っ張ってきた。

 また、今まで空手をしてきた中で、稲主将が人一倍大切にしていることがある。それは「あいさつ」だ。最近学生の大会では、あいさつができなかったり、試合に負けた悔しさを試合会場の壁にぶつけてしまったり、あまり礼儀が見についていない選手も見受けられる。「あいさつは基本、相手への感謝の気持ちだと教わった。空手家として最低限のマナー」。礼に始まり礼に終わる。武道の良き伝統を体現する稲には、実力だけではない強さがある。

最後の戦いへ

 実力も備わっている彼は、下級生からの人望も厚い。世田谷学園高出身者が多く占める明治の中でも、中村竜大(法3)・豪秀(政経1)は小学生からの付き合い。「稲先輩と日本一になりたくて明治に来た」(中村(豪))とまで言わしめるほどだ。

 自身も最後の大会を前に、いい刺激を受けている。今月の上旬、友人が所属する相撲部のインカレに訪れた。こちらも本年度最終戦だったが、結果は予選敗退。負けて涙する友人の姿から「最後は勝って泣きたい」という思いが込み上げてきた。「勝ち以外は通用しない。どんな勝ちでもいい。1試合でも多くやりたい」。順当にいけば、3年前敗れた関大と2回戦で、おととし2ポイント差で惜敗した大商大と3回戦で当たる。同期と、後輩と、少しでも長く一緒に戦えるよう、全力でリベンジに挑む。

◆稲浩平 いなこうへい 法4 世田谷学園高出 166cm・67kg


 今回で「俺たちの空手道ッ!~最後の戦いへ~」は最終回です。ついに23日にはインカレを迎えます。強豪校に勝つべく練習に励んできた彼らの応援よろしくお願いします!



関連記事 RELATED ENTRIES

定期購読・新聞購入のご案内 クレジット決済による定期購読